鶴岡一成、人的補償で阪神へ(記事まとめ)

鶴岡一成、人的補償で阪神へ(記事まとめ)

鶴岡一成、人的補償で阪神へ(記事まとめ)

鶴ちゃん・・・今季のさらなる活躍を期待しています。
まずは2月春季キャンプ@宜野座で阪神ユニ姿を見れるのを楽しみに。

 

・写真が涙どころか完全にいつものドヤ顔。

阪神移籍の鶴岡、涙浮かべて会見「どこに行っても競争」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000046-dal-base

デイリースポーツ 1月6日(月)14時16分配信

阪神への移籍が決まった鶴岡は報道陣に囲まれて球団事務所を後にする=横浜市内

DeNAは6日、FAで獲得した久保康友投手(33)の人的保証として、鶴岡一成捕手(36)が阪神に移籍することを発表した。

鶴岡は昨季は正捕手として自己最多の108試合に出場。打率・250、3本塁打の成績を残した。正捕手の手痛い流出に、高田繁GMは「ウチは久保を獲っている。リストに外れた選手の誰かが行くことは覚悟していた。誰が出ても痛い。残った選手にチャンスがある。頑張ってもらう」と話した。

鶴岡はこの日、横浜市内の球団事務所にあいさつに訪れ、横浜スタジアムのロッカーを整理。「望まれて野球ができるということは選手冥利につきる。どこに行っても競争することは変わらない。甲子園は好きな球場。ホームであれだけの声援を受けて試合に出られることはいいことだと思う」と目にうっすら涙を浮かべながら話した。

 

・年末断言したサンスポからの産経さん

阪神がDeNA鶴岡獲得 FA久保の人的補償

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000533-san-base

産経新聞 1月6日(月)15時6分配信

阪神は6日、DeNAにフリーエージェント(FA)移籍した久保康友投手(33)の人的補償として、鶴岡一成捕手(36)を獲得すると発表した。

鶴岡は兵庫・神港学園高から平成8年にドラフト5位で横浜(現DeNA)に入団。20年途中に巨人にトレードで移籍し、23年オフにDeNAにFA復帰していた。中村勝広ゼネラルマネジャー(GM)は藤井、日高らとの正捕手争いに期待し、「捕手全体が非常に激戦区になった。(鶴岡は)いろいろ経験しているし、リードも巧み」と評価した。

鶴岡はプロ通算18年間で562試合に出場。25年は自己最多の108試合に出場し、打率・250、40打点を記録した。

 

・この記事の写真がどう推察しても今日取られた写真であることに笑う

阪神、人的補償に鶴岡を獲得

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000038-dal-base

デイリースポーツ 1月6日(月)12時21分配信
阪神にFA久保の人的補償として獲得された鶴岡一成=横浜・DeNA球団事務所(撮影・北野将市)

阪神は6日、FA権を行使してDeNAに移籍した久保康友投手(33)の人的補償として、鶴岡一成捕手(36)を獲得することを決定したと発表した。

「いろいろ議論を重ねた結果、ピッチャーと野手を含めて、ウチの選手と比較して上回る選手がいなかったと。鶴岡選手はベイスターズのレギュラーですし、競争してさらにレベルアップしてくれれば。非常に勝負強く、相手からするといやらしいバッターですし、リードも巧みという印象があります」と中村GMは話した

 

・阪神タイガースオフィシャルサイトより

FA補償による選手の獲得について
http://hanshintigers.jp/news/topics/info_3168.html
2014年01月06日 更新
久保康友選手の横浜DeNAベイスターズへのFA移籍に伴い、FA補償として鶴岡一成選手(36)を獲得することが決まりましたのでお知らせいたします。

 

・元いた球団の。鶴ちゃんコメント。

2014/1/6
http://www.baystars.co.jp/news/2014/01/0106_01.php
FA人的補償による選手移籍について
FAによる久保康友選手(阪神タイガース)の獲得に伴う人的補償のため、鶴岡一成選手が阪神タイガースに移籍することになりましたので、お知らせいたします。
鶴岡一成選手コメント

「今、球団から話を聞き、驚いています。
縁あって横浜DeNAベイスターズへ戻ってきて2年という短い間ではありましたが、ファンのみなさんには良い時も悪い時もご声援いただき、ありがとうございました。
今後は生まれ育った関西に戻り、自分の野球人生を全うします」

 

チケットぴあ

About the author:

よく飲みよく食べよく遊ぶために生きてます。最近は野球が好きです。

Related Posts

カテゴリー

アーカイブ

Back to Top