2013〜14 自主トレ情報メモ

2013〜14 自主トレ情報メモ

東北楽天 田中将大 則本、小山伸、辛島、井坂と同行

両右腕以外のメンバーは小山伸、辛島、育成の井坂。田中は「年明けからで、国内だけど、場所は言いません」と、隠密行動になりそうだ。
(則本は)12月2日から始まる田中の千葉県船橋市でのオーバーホールにも、3日間だけだが同行する。


1/7 田中将大続報

 田中は年明け早々の4日からチームメートの小山伸、則本らと関東圏内での合同自主トレをスタートさせており、6日も練習を実施。メジャーの舞台で活躍するために、筋力トレーニングや走り込みなどを行っている。
 今後は17日まで自主トレを行い、移籍先が決まる今月下旬には、仙台市内でファンに向けての惜別セレモニーなどを行う見込み。


1/18 田中将大続報

楽天・田中がチームメートの小山伸、則本らと、年明けの4日から関東の施設で行っていた合同自主トレを打ち上げ、夜に新幹線で仙台に入った。
 今月上旬にロサンゼルスでの入団交渉や身体検査を行うために、数日間は自主トレ地を離れたが、帰国してからは順調にメニューをこなしたもよう。

楽天 斎藤隆 青山、金刃、長谷部、レッドソックス田澤と行う

来年1月には沖縄県内で青山、金刃、長谷部、レッドソックスの世界一に貢献した田沢も加えて合同自主トレを行う。

楽天 金刃憲人、銀次、森山周

 2年連続のパ・リーグ制覇と日本一を目指す東北楽天の選手たちが5日、仙台市のコボスタ宮城で本格的な自主トレーニングを開始した。
 この日、新年に入ってから初めて球場施設が開放され、金刃憲人投手や銀次内野手、森山周外野手ら7選手が室内練習場やトレーニングルームを訪れ、ランニングやキャッチボールなどで汗を流した。
 同施設では、12日から新人9選手による合同自主トレーニングが行われる。
 銀次も本拠地で新年のスタートを切った。午後3時過ぎから、トレーニングルームで1時間半ほど体を動かした。
年末年始は妻の実家がある埼玉県内でランニングなどを欠かさなかった。

阪神 松田遼馬

 阪神の松田遼馬投手(19)が夢の160キロ計測へ向けて真冬の“ビーチサンダルトレ”を敢行することが28日、分かった。11月30日に用具提供を受けるミズノ社のスパイクを製造するミズノテクニクス山崎ランバード工場(兵庫県宍粟市)を訪問し足型を計測した際に、軸足となる右足が外反母趾(ぼし)のため70%ほどしか力が発揮できていないことが判明。今オフから矯正に着手することが決まり、ビーチサンダルの着用を勧められた。担当者は矯正に成功すれば「160キロ到達も可能」と断言した。
 矯正法の一つとして亀井さんが提案したのがビーチサンダルの着用だ。「親指と人さし指の間に刺激を与えて、親指を内側に戻すようにしたい。コンビニなど外出する時に履いてくれれば効果はある」。ユニークな矯正法に初めは目を丸くした松田も「すぐに買いに行きます!」。すでに選手寮に準備し、着用を開始した。季節外れの「ビーサン」で、真冬の街をかっ歩する。

阪神 松田遼馬 元同僚野原将志らと行う予定

現役続行を希望する元チームメートの野原らと地元長崎での合同トレを行う方向


元阪神 野原将志(三菱重工長崎) 阪神松田遼馬と、島原か?

年明けの自主トレは島原でしょう。


1/11 松田遼馬続報

 阪神・松田遼馬投手(19)が10日、福原忍投手(37)とサンテレビ「熱血! タイガース党」に生出演。チーム最年長の大先輩から、今季の中継ぎ陣のリーダーに指名された。
 「マジっすか? まあでも…。言われたからには頑張ります」
 テレビ収録前の控え室。福原から「リョーマが引っ張ると思います」と名指しされたのだ。
 「アピールしないといけない年齢。ことしはやれるような気がします」
 11日から、鳴尾浜で捕手を立たせてブルペン投球を行う予定。飛躍の3年目へ突っ走る


1/12 松田遼馬続報

阪神・松田遼馬投手(19)が11日、鳴尾浜で今年初のブルペン入り。立ち投げで20球を投じ、周囲を納得させる超速調整をみせた。

阪神 坂克彦

年末年始は鳴尾浜で自主トレを行う。

阪神 榎田大樹 楽天美馬、レッドソックス上原浩治と

今オフも出身の東京ガスで楽天・美馬学投手(27)と自主トレを行うことを明かした。ワールドシリーズを制覇したレッドソックス・上原浩治投手(38)も同所で練習


12/25 榎田続報

25日、年内の使用最終日となった鳴尾浜で自主トレに励んだ。年越しも関西で過ごし、ランニングなどで調整を行う。
 年明け1月5日ごろからは古巣の東京ガスで、日本シリーズMVPの楽天美馬と合同自主トレを予定。
 「東京ガスでやるかまだ決めていないけれど、キャンプインまでには立ち投げをしたい。段階を踏んで投げられるように。キャンプに合わすけれどもそこが全てではない」

1/24 榎田続報

阪神榎田大樹投手(27)が、兵庫・西宮市の鳴尾浜を今年初めて訪れ、自主トレを行った。キャッチボールを終えると、早速ブルペン入りし、立ち投げで60球。大リーグで活躍したノーラン・ライアン氏(元レンジャーズ)のような、胸近くまで膝を上げる投球フォームを披露した。
 年明けは古巣東京ガスのグラウンドで、昨季日本シリーズMVPの楽天美馬とともに合同自主トレ。

阪神 黒瀬春樹 中日和田一浩に同行予定

オフは例年通り中日・和田に合同自主トレを申し込む方針


中日 和田一浩 阪神黒瀬が同行

年明けは恒例の佐賀・武雄温泉自主トレで始動予定。

1/10 和田一浩続報、阪神黒瀬春樹、横浜後藤武敏

 中日の和田一浩外野手が10日、佐賀県武雄市内でDeNAの後藤武敏内野手、阪神の黒瀬春樹内野手とともに自主トレーニングを公開


1/10 黒瀬春樹続報

 阪神黒瀬春樹内野手(28)が10日、11年目の1軍定着を誓った。
 佐賀・武雄市内で、県岐阜商と西武の先輩にあたる中日和田一浩外野手(41)との合同自主トレに参加。「今年こそ1軍でやらないとダメ。試合に出られるならポジションはどこでもいい。とにかく1軍にこだわりたい」と意気込んだ。
 寒風の白岩運動公園野球場では熱のこもったフリー打撃も披露。打撃投手を務めた和田から「体が流れてるぞ。もっと下(半身)で我慢して」など、1球1球アドバイスをもらいながら打ち込んだ。

阪神 伊藤隼太 巨人高橋由伸に同行

来年1月に慶大の先輩である巨人の高橋由伸外野手(38)が行う沖縄での自主トレに合流する意向を明らかにした。
今年1月、巨人勢に交ざって沖縄セルラースタジアム(那覇市)での合同トレに初参加した。

●メモ

▽虎戦士、他球団選手との合同自主トレ
今年(2013年)の1月は森田が打撃の師と仰ぐT―岡田(オ)と香川・高松市内で。
久保は渡辺(ロ)らと沖縄・石垣島で。
西岡は大阪・吹田市のグラウンドで大阪桐蔭の後輩・中田(日)と。
中谷はJR九州グラウンドで小松(オ)、一岡(巨)と。
黒瀬は和田(中)が佐賀・武雄温泉で行った自主トレに同行していた。


巨人 高橋由伸 隠善智也、中井大介、阪神伊藤隼太が同行

来年1月中旬から例年通り、沖縄で隠善らと合同自主トレを行う予定。

1/10 高橋由伸続報

巨人の高橋由が10日、羽田空港から練習を行う沖縄へ向けて中井、隠善らと出発した。


巨人 中井大介 高橋由伸と同行(1/10から)

 巨人・中井大介内野手(24)が24日、由伸塾の「リハビリ講座」で完全復活を目指すと明かした。シーズン中に痛めた左膝じん帯損傷の影響で高橋由の沖縄自主トレへの参加が危ぶまれていたが、トレーナーの許可が下り、第2クールまで限定での参加が決定。「けがした箇所は違いますけど、由伸さんも大きなけがを乗り越えられた。いろいろ聞いてみたい」
「第1クールは打たないかもしれませんが、しっかり体を動かしたい」。10日間の特別授業で自信を取り戻す。

中井大介続報

 定位置奪取には、優勝旅行もクリスマスも正月休みもおあずけだ。ハワイには行かずに自主トレを継続させている巨人・中井が11日、“無休トレ”を宣言した。今オフは年末まで練習を行い、元日は地元のパワースポット、伊勢神宮で初詣、2日から母校の宇治山田商高で練習を開始する。オフに井端、片岡と二塁の強力ライバルが加入し、「当たり前ですよ。クリスマスも、もちろんやります」。

1/8 中井大介続報

巨人・中井が8日、初練習を行った。さっそくマシン相手の打撃練習で感触を確かめ、「まずは試合に出ること。チャンスのあるところでアピールしたい」と意気込んだ。10日からは高橋由らと沖縄で合同自主トレを行う。(ジャイアンツ球場)

巨人 辻東倫 高橋由伸に同行
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131229-1237287.html

巨人・高橋由伸外野手(38)が28日、1月中旬から沖縄で一緒に自主トレを行う辻東倫内野手(19)に対し、“放任主義”を貫く考えを明かした。今回初参加の辻に「まだ、1軍で打席に立っていないのだから、今は自分の打ちたいように打つのが一番だと思う」と話した。
 自分の時もそうだった。由伸の98年、1年目のキャンプ。当時の長嶋監督はコーチたちと話し「いじらなくてもいい」と方針を決め、自由に打たせた。由伸は1軍の先輩たちの打撃を自分の目で吸収し、成長した。由伸は「俺からは(辻に)何も言わないよ。まだどんなバッターかもわからないしね」。

1月11日から沖縄・那覇で始める自主トレに2年目の辻東倫内野手(19)を連れていくが、辻の打撃をじっくり見ることで「自分も吸収できることがあると思っている」と、さらなる成長へのきっかけにする構えをみせた。

1/13 伊藤隼太 沖縄セルラースタジアム那覇で

 阪神伊藤隼太外野手(24)が13日、沖縄・那覇市内で巨人高橋由伸外野手(38)らとの合同自主トレを公開した。
 慶大の先輩に弟子入りして、2年目の合同練習。キャッチボールやゴロ捕球を行ったあと、屋内で高橋由の投げる球を打つフリー打撃で汗を流した。「1つ1つの行動を見るだけで勉強になります。これだけプロの世界で長くやってこられて、結果も出されている。吸収できることは吸収したい」と意気込んだ。

巨人 藤村大介

今オフは2年連続で中日・荒木、大島と自主トレ予定。

中日 荒木雅博

 地獄キャンプの締めはリゾートホテルでの水泳トレだ。中日・荒木雅博内野手(36)が17日、ナゴヤ球場で自主トレ。終了後、今オフから始めている水泳トレを来年2月の春季キャンプでも継続することを明かした。

荒木続報 川上憲伸報も

中日荒木雅博内野手(36)が26日、ナゴヤ球場を訪れた。シーズン終了後から約2カ月間、みっちり練習した18年目は「もう1回やれと言われても無理。こんなに練習したことない」と納得の表情で振り返った。
 年明けには地元・熊本で自主トレを行い2月の春季キャンプに備える。この日は川上憲伸投手(38)もナゴヤ球場で練習した。

中日 荒木雅博 平田良介、中田亮二、大島洋平、溝脇隼人、巨人藤村大介が同行

荒木が来年1月に予定している地元・熊本での自主トレのリーダーに、大島を指名した。
メンバーは平田、中田、溝脇、巨人・藤村が濃厚。「もっと増えるかもしれないけど、まだ決まってないよ」。
年明け早々から約2週間の日程で開かれる。

1/7 荒木続報

 中日荒木雅博(36)が7日、故郷・熊本県内で自主トレを公開した。
 同県美里町では恒例の御坂遊歩道の石段3333段を登った。石段を往復した荒木は「長いので達成感がある。去年は1年間、こんなことがあったな。こうしようかなとか考えた」と笑顔で話した。

1/7 平田良介 大島洋平

中日の平田良介外野手が7日、チームメートの荒木雅博内野手、大島洋平外野手らとともに熊本県内で自主トレーニングを公開した。昨季、自己最高の成績をマークした右の長距離砲は「4番を打ちたい。勝負どころで試合を決める一本を打つ打者になりたい」と抱負を語った。
 昨年10月に左肘の手術を受けた大島は、1月後半からマシンでの打撃練習を始める予定だそうで「左腕以外は問題なくでき上がっている」と順調な回復ぶりをアピールした。

ソフトバンク 内川聖一 12/13まで陸上女子の福島千里と

13日まで北海道で陸上女子短距離のロンドン五輪代表、福島千里と一緒にトレーニング。「意外と走り方をほめてもらった」と笑った。
 福島との北海道トレの合間には、同じ北海道で自主トレ中の鶴岡と顔を合わせた。日本ハムからFA移籍で地元九州に戻る鶴岡に「ウッチー頼むぞ」と言われ、内川も快諾。「僕が不安を取り除いて、一緒に頑張りたい」と力を込めた。

横浜 白崎浩之 ソフトバンク内川に同行

自主トレはソフトバンク・内川に弟子入りして行うことも決まった。


ソフトバンク 内川聖一 今宮健太、安田圭佑、DeNA松本、白崎、ソフトバンクに入団する細山田が同行

1月に宮崎・日向市で1次自主トレを行うと明かした。
故郷大分での2次自主トレで仕上げる。

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/207500/

今後、今宮、安田、DeNAの松本、白崎と、DeNAから戦力外通告を受けて来季、ソフトバンクと育成契約する細山田と、地元・大分で自主トレを行う。


1/7 内川組続報

 福岡ソフトバンクホークスの内川聖一選手らが宮崎県日向市のお倉ケ浜総合公園野球場で5日、合同自主トレを始めた。屋内練習場などの施設が整っていることから初めて実施。6日にはそろって市役所を訪れ、黒木健二市長に「(2月に始まる)キャンプでアピールできるよう力をつけたい」と決意を語った。
 合同自主トレに参加しているのは内川、細山田武史(ソフトバンク、育成)、安田圭佑(同)、松本啓二朗(横浜DeNAベイスターズ)、白崎浩之(同)の計5選手。今宮健太選手(ソフトバンク)も9日に合流する。
 大分県出身の内川選手は「海も山もあって大分と似ている。何より気候が暖かくてありがたい」と気に入った様子。
 合同自主トレは17日まで。休日は8、12、16日を予定している。

1/23 白崎浩之続報

 DeNAの2年目・白崎が「内川打法」で遊撃の定位置奪取を誓った。ソフトバンク・内川と今月中旬まで宮崎県で自主トレを行い「日本を代表する打者で学ぶことが多かった。野球を続けている限りは参考にしたい」。
 横須賀市内のベイスターズ球場で内川にそっくりな構えからロングティーで柵越えを連発。

1/21 今宮健太 柳田悠岐、牧原大成

 ソフトバンク今宮健太内野手(22)が、実兄が住職を務める大分・一心寺で寒行に参加した。
 20日午前0時ごろからチームメートの柳田、牧原とともにふんどし一丁で極寒の川につかり、水を浴び続けた。

広島 福井優也 西武大石、日ハム斎藤佑樹と

昨オフ、早大で同級生の西武・大石達也投手(25)と自主トレを行ったが、今オフは日本ハムの斎藤佑樹投手(25)も合流予定。


日ハム 斎藤佑樹 西武 大石達也、広島 福井優也と

日本ハム・斎藤佑樹投手(25)が13日、早大時代の同期である西武・大石、広島・福井とともに来年1月に都内で自主トレを行うことを明らかにした。千葉・鎌ケ谷の2軍施設で練習後「(大石、福井と)10日ぐらいからやる予定です」。


斎藤佑 “ソフト君”大嶋と合同自主トレ 早大タッグで初投げ →この後に大石福井と一緒にやるのかな?

日本ハムの斎藤が来年1月に早大の後輩・大嶋と合同自主トレを行う。
 ソフトボール部出身で1学年下の大嶋とは、今年の1月にも合同トレを行ったが、斎藤が右肩関節唇損傷の影響でネットスローなどを行っていたのみだった。
1月3日ごろから1週間弱、地元の群馬県内で行う予定。


1/13 日ハム斎藤佑樹、広島福井優也、西武大石達也

 日本ハム斎藤佑樹投手(25)が13日、神奈川・横浜市内で早大時代のチームメートの広島福井優也投手(25)、西武大石達也投手(25)との合同自主トレを公開した。
 10年ドラフト1位トリオがそろって練習を行うのはプロ入り後初めて。右肩関節唇損傷から完全復活を目指す斎藤は「3人とも思うような結果を残せていないので、3人で再スタートという形で。これを機に活躍できたらと思い、始めました」

巨人 菅野智之 西村、田原誠、成瀬らと同行

プロ入り後初めて迎える今オフに、米アリゾナ州で自主トレを行うことが16日、分かった。期間は12月中旬から来年の1月上旬を予定。同僚の西村健太朗投手(28)らに同行
同僚の西村、田原誠、成瀬らとの合同トレ。12月中旬のハワイへの優勝旅行が終わり次第、直接米国本土へと渡る。帰国は1月上旬を予定
スコッツデールにあるダイヤモンドバックスとロッキーズのキャンプ地であるソルト・リバー・フィールズなど大リーグの施設も利用。

菅野・西村詳細

巨人の菅野智之投手(24)が、アリゾナ自主トレ初日から大物メジャーリーガーとコラボした。メジャー通算189セーブ右腕のJ・J・プッツ(Dバックス)と一緒にトレーニング。帰宅後も映像で投球フォームを研究するなど、野球漬けの一日を過ごした。また、西村健太朗投手(28)は「連投OKボディー」を作り上げる覚悟を示した。
 全米有数の施設「フィッシャー スポーツ」に到着後、掲示板に目をやった。大リーガーやアメフト選手と4人1組で行うトレーニングの組み分けを確認。自身と同じ欄にニックネームの「putzy」と書かれていた。関係者から米通算189セーブのJ・J・プッツと聞くと「そうなんですか!」と声を弾ませた。
 いきなり実現したメジャーリーガーとの共演。まず身長195センチ、体重113キロの体格に圧倒された。「とにかく体がでかい」。プッツはマリナーズ時代にイチローと同僚で、11年には45セーブを記録。通算554登板で189セーブを誇る。互いが集中して練習したため、会話を交わす機会はなかったが、「刺激になりました」と目を輝かせた。
 午前8時からジムで4時間で体を動かすと、午後の自由時間も自室で野球漬け。タブレット端末で大学時代や今季の試合の映像を繰り返し見て投球フォームを研究した。夕食は、浪人時代にアリゾナで練習した際に通った和食レストランを西村らと訪れ「懐かしい」と感激。牛タンなど栄養価の高い料理を楽しんだ。
 この日はプッツだけでなく、アスレチックスで今季まで2年連続2ケタ勝利の158キロ右腕のJ・パーカーも同じ施設を訪れていた。


巨人 西村健太朗 田原誠、高木京、成瀬と同行

西村健太朗投手(28)が10日、限界突破トレで鉄腕ボディーを作り上げる。田原誠、高木京、成瀬の3選手とともに自主トレ先の米アリゾナに向け羽田空港を出発した
5年目を迎え、リハビリ中心のジムからウエートに重点を置く「フィッシャースポーツ」という施設に変更。以前は山口も利用しており、「より強化ができると思う」と期待する。


菅野は後から合流の模様

優勝旅行から直接、自主トレ先の米本土アリゾナに向かい、さらなる高みを目指す


菅野続報 田原誠次、西村健太朗、高木京介、高木康成(写真から)

 巨人の菅野智之投手(24)が4日(日本時間5日)、プロ2年目で自身初の開幕投手に強い意欲をみせた。1月上旬で140キロ近い速球を披露する絶好の仕上がりで、海の向こうからアピール。菅野は8日に帰国する。
 「まずはキャンプで全力を注ぎたい。そこでうまくいけば、おのずと(開幕投手も)ついてくると思う。体調も問題ないです」
 米国での自主トレ総仕上げともいえるこの日は、ダイヤモンドバックスのキャンプ地施設を借りての練習。練習を見守っていた元中日で、現在ダ軍のシニアアドバイザーを務めるジム・マーシャル氏も「この時期にこの球速を投げられる投手はメジャーにも多くはない」と感嘆の声を上げた。優勝旅行先のハワイから移動、約3週間の自主トレへの手応えは「バックネットが近いのも僕には投げやすかった」と話した笑顔が如実に物語った。
 8日に帰国する右腕は「打者も僕のことはもう分かっている。球種(の質)を上げていかないと。


1/8 西村健太朗

 巨人西村健太朗投手(28)が8日、自主トレ先の米アリゾナから帰国し、直行した川崎市のジャイアンツ球場でトレーニングを行った。
 ランニング、キャッチボールなど軽めの調整。「時差ぼけになるのが嫌なので、そのまま来ました。今日このまま夜、寝られれば問題ないです」と話した。


1/9 菅野続報

 巨人の原辰徳監督(55)が8日、母校の東海大で行われたイベント「受け継がれる夢、そして挑戦」に菅野智之投手(24)とともに出席した。
 米・アリゾナ州での自主トレを終え、西村らと8日に帰国。11日から練習を再開する予定で「宮崎に行く前に、G球場でブルペンに入ります」と主力では異例のハイペースを誓った。

巨人 内海哲也

ハワイのV旅行は、夫人が第4子の出産を控えており辞退。恒例となっている地元・京都での元旦練習始めも、今年は自宅に近い関東近郊で行う予定だ。
1月は例年通りグアムで自主トレを行う。


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/23/kiji/K20131223007253520.html

 巨人の内海哲也投手(31)が22日、川崎市のジャイアンツ球場に3人の子供を連れて登場した。グラウンドでは走り込みなどで下半身を強化する一方、練習の合間には子供の面倒も見るイクメンぶり。12日には第4子となる長女が誕生したばかり。来季はこれまで以上に育児もこなしながら、左腕では球団史上最多タイとなる4度目の開幕投手を目指す。
普段はストイックに練習に打ち込むが、異例の子連れトレーニングの理由をこう説明した。
 「練習に集中したいので連れてきたくないけど、練習やイベントで家に帰ったら寝るだけ。子供の相手ができていないので」
 今オフはテレビ収録やイベント出演に追われ、十分に子供の相手をすることができていなかった。しかし12日には聡子夫人が第4子となる長女を出産したばかり。これまでもおむつ替えをしたり、練習後に幼稚園の行事に駆けつけたりと、積極的に育児に関わってきたが、今後は今まで以上のイクメンぶりが求められる。この日は練習後にテニスボールを使い一緒に野球を楽しむなど、パパとしての務めを果たした。
 だが、いざ練習に取り組む際の表情は真剣そのもの。「仕事ですから。ここで妥協してたら来季につながる。許されない」と息子たちが見守る中、インターバル走や短いダッシュを黙々と繰り返した。現在は5勤1休のペースで1年間を戦い抜くための下半身強化に打ち込んでいる。
 練習を終えるとすぐに子供を車に乗せ、家族サービスのため帰路についた。4人の子を持つパパとして、イクメン左腕が野球と育児の二刀流でフル回転する。


http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20131228-OHT1T00194.htm

ヴィッセル神戸のフードコーディネーター・村野明子さん(46)の帯同が決定。これまでスタッフや若手が自炊してきたが「買い出しや料理を手伝うことも修業の一環だったけど、人数も増えてきたので裏方さんの負担も減らして、より練習に集中できるようにしたかった」と決断した。
 巨人のファームを栄養面でサポートする、明治製菓ザバスの管理栄養士・大前恵さんを介して紹介された。神戸の育成センター「三木谷ハウス」でユースとトップチームの選手に食事を提供する寮母さん。主婦目線から身近な食材で作る、栄養満点でおいしい食事が選手たちから好評で、料理本を出版。新聞やテレビにも取り上げられる“カリスマ寮母”さんだ。
 特に宮国や小山ら若手にとって、この時期は体を強化する重要な期間。バランスの取れた食事は大きなサポートになる。1月6日から2週間の自主トレに向け、内海は「せっかく来ていただくので、今まで以上にみんなで頑張りたい」。

巨人 山口鉄也 笠原、育成の柴田が同伴

来年1月、グアムで練習を共にする笠原、育成の柴田に伝授する
 自身が育成選手だった06年オフ。工藤氏に費用を負担してもらい渡米。来年1月には当時の自分と同じ環境にいる柴田の費用を山口が出す。

http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20131204-OHT1T00207.htm

来年1月の米グアム自主トレでは、練習熱心と聞いていた育成の柴田章吾投手(24)の参加を内海と決めた。


巨人 笠原将生

初参加する来年1月のグアムでの内海組自主トレへ万全の状態を整えていく。

巨人 小山雄輝

小山雄輝投手(25)が9日、風神シュートをマスターする考えを明かした。勝負球のフォークを生かすために、今オフにシュートとカットボールの横の変化球習得を目指す右腕。「山口さんのシュートはすごい。内海さんも使っていますし、聞ける機会があれば聞いてみたい」と同行する来年1月のグアム自主トレでヒントを得るつもりだ。

巨人 宮国椋丞 年明けのグアムは小山同行かは不明

現在のメニューは小山と相談し、自分たちで決定。基本は4勤1休で、25日までみっちり強化して、年明けのグアム自主トレに向けて、万全の態勢を整える。

笠原、小山、宮国も内海・山口組か?

追記 グアムに河野元貴も同行

巨人・宮国が自主トレ先の米グアムで、1月中から投球練習を行う考えを明かした。現地の施設が整っていなかったなどの影響で今年のグアム自主トレでも投球練習を行う選手は誰もいなかったが「受けてもらえるなら投げたいです。少しでも早く仕上げたい」と意欲。
 同じ施設で練習する野手組の河野も「キャッチングの練習や目慣らしになる。受けたい」と話しており、若手バッテリーが異例の早仕上げを目指す。


内海組出発報 山口鉄也、宮國椋丞、柴田章吾、小山雄輝、笠原将生、広島小野淳平が同行

巨人内海哲也投手(31)、山口鉄也投手(30)、宮国椋丞投手(21)、柴田章吾投手(24)、小山雄輝投手(25)、笠原将生投手(22)、広島小野淳平投手(26)が5日、成田空港から自主トレ先のグアムへ出発した。
 今季の目標を問われた内海は「優勝です。個人的には最多勝。9月の時点で(最多勝)争いに食い込めれば」と意気込んだ。


1/21 内海続報

内海、山口らが21日、グアムでの練習を終えて成田空港に帰国した。内海は「しっかり走り込み、1年間戦える体をつくることが、ことしもできた」と充実した表情で話した。

桧山進次郎(引退)、呉昇桓

現役を引退した元阪神の桧山進次郎氏(44)が11日、毎オフの自主トレ先としていたグアムに来年1月にも訪れる計画を明かした。現地で関係者に引退報告することが目的だが、同じ宿泊施設では阪神に入団する呉昇桓投手(31=前サムスン)が自主トレを予定。
1月初旬から10日間程度グアムに滞在予定の桧山は、今年も年末からグアム自主トレを行う呉昇桓と遭遇する可能性は極めて高い。

阪神 呉昇桓

さっそく18日からは、米グアムで自主トレをスタートさせる。

1/19 呉昇桓続報、元ヤクルト林昌勇と

呉昇桓(オ・スンファン)投手(31)=前韓国サムスン=が、自主トレを公開し、早くも仕上がった鋼の肉体を披露した。練習パートナーである元ヤクルトの米大リーグ・カブス、林昌勇(イム・チャンヨン)投手(37)からは日本球界の情報もゲット。
元ヤクルトの林昌勇が帯同している。サムスン時代に合宿の同部屋だった兄貴分だ。これまで日程の都合でかなわなかった合同自主トレが、呉の日本行きが決まった抜群のタイミングで、初めて実現したのだ。
 「いろいろアドバイスをくれる。全部聞いています。相手チームや打者のことも聞いた。具体的には(企業秘密で)いえません」
生活面でも「日本人と食事をしなさい」とアドバイスを受けた。体はもちろん、頭の中もすでに日本仕様ができあがった。
林からは「俺の記録を全部抜くまで帰ってくるな」と激励された。

日ハム 中島卓也 田中賢介と?

同じ福岡出身で師と仰ぐ元日本ハム田中賢介内野手(32=ジャイアンツFA)との合同トレーニングに強い意欲を示した。この日、偶然にも札幌市内の室内練習場で再会。田中が札幌に滞在する間、同じ二塁手の大先輩からノウハウを学んで来季に生かしていく。
年明けには沖縄・宮古島で一緒に自主トレを行うなど、プロでのイロハを教えてくれた師匠との約1年ぶりの再会に、中島の目が輝いた。


日ハム 吉川光夫

年明けには恒例の沖縄・宮古島で中島らと自主トレを敢行。

ここに田中賢介も?
吉川続報

来季の開幕投手が内定している日本ハム吉川光夫投手(25)が20日、大みそか返上でのトレーニングを予告した。現在、札幌市内の室内練習場を拠点に自主トレに励んでいるが「あまり休んでしまうと、よくないから。31日も動くかもしれません」と野球漬けでの年越しをにおわせた。年始は1月4日から動き始める予定で、年末年始のほとんどを費やし、大役へ挑む来季へ向けて準備を整える。

吉川続報2

 日本ハム吉川光夫投手(25)が4日、札幌市内の室内練習場で自主トレを公開。
「(年間)200イニングを目指します」と誓っていた。

巨人 青木高広 大竹寛と同行
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20131128-OHT1T00210.htm の記事が消えていたためまとめを参照

青木高広投手(32)が28日、FA移籍が決まった大竹寛投手(30)と、来月下旬、
自身の母校・愛知大で合同自主トレを行うことを明かした。
青木、大竹ともに夫人の実家が愛知大から近いため、お互いそこから通う“マスオさん”自主トレが実現。
これから巨人の雰囲気やルールを伝えていくつもり。

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/209093/

青木高広投手(32)が、FAで新加入する広島時代の元同僚・大竹寛投手(30)と合同自主トレを行うことを明かした。
お互いの妻が愛知県出身という共通点もあり、12月に愛知県内で自主トレを行う。
 先輩としてアドバイスをすることは「自分も不安で入ってきた。(大竹も)同じだと思う。特に住む所と環境。広島と違って高速が混むので、差し支えないところを勧めたい」とサポートするという。


自主トレ記事:G移籍の大竹、元同僚・青木と自主トレ

愛知県・豊橋市内の愛知大学で自主トレを公開した。
「青木さんが誘ってくれて、(愛知大で自主トレを行い)自分にとってプラスです」と先輩に感謝していた。

1/26 青木高広

 変わり果てた愛車を見て、青木が思わず声を上げた。「何だこれ!」。G球場での練習を終えて帰ろうとすると、ボンネットの上には、大量の鳥のフンがあった。隣に駐車していた大竹の車は“無傷”でピッカピカ。「俺もそっちにとめておけば良かった」と悔やんだと思ったら…。「まあ、ウン(運)がついたってことだな」と無理やり自分を納得させていた。

巨人 坂本勇人 阿部慎之助、長野久義らと同行+西武 星孝典

12月中旬のハワイへのV旅行には行かず、肉体強化に励む考えを明かした。
来年1月の阿部、長野らとの合同自主トレ、春季キャンプと万全の状態で臨むつもりだ。

1/7 坂本勇人続報

 巨人坂本勇人内野手(25)が7日、川崎市のジャイアンツ球場を年明け初めて訪れ、ランニング、キャッチボール、ウエートトレーニングなどで体を動かした。


西武 星孝典 巨人阿部慎之助、坂本勇人、長野久義、矢野謙次らに同行

西武星孝典捕手(31)が「阿部塾」に入門する。例年はサッカー選手らと合同トレを行ってきたが、新たな環境でのトレーニングを模索。かつてのチームメートで、尊敬する巨人阿部にグアム自主トレ参加を懇願した。同じ右打者の坂本、長野、矢野も参加予定で、豪華メンバーが集結。「阿部組」はすでに宿や航空券は手配済みだったため、全てを自前で用意する。「何かを変えないといけないなと。阿部さんから見て、聞いて、吸収できれば」と目を輝かせた。

1/9 坂本勇人、阿部慎之助、長野久義

 巨人の阿部、長野、坂本らは9日、グアムで練習を行うために成田空港から出発した。
 阿部はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に合わせて始動が早かった昨年と比べ「より自分のペースを貫いてできる。全力で走れて全力で投げられる体をつくってキャンプインしたい」と笑顔。

1/24 阿部慎之助、長野久義、坂本勇人

 巨人の阿部慎之助捕手(34)、坂本勇人内野手(25)、長野久義外野手(29)らが24日、グアムでの自主トレを終えて成田空港に帰国した。阿部は「基本的なことしかやってない。キャンプに入れる体づくりをしてきた」と充実を口にした。
 28日から宮崎で1軍合同自主トレを始め、キャンプに備える。

楽天 嶋基宏 銀次、枡田慎太郎と同行

来年1月には沖縄で、銀次、枡田ら若手野手を率いて自主トレを行う。

1/10 嶋基宏続報

楽天の嶋基宏捕手、銀次内野手ら6選手が10日、沖縄県内で自主トレーニングを公開し、ノックやランニングなどで汗を流した。
 銀次は昨季チームトップの打率3割1分7厘をマークした。「去年よりもっと上の成績を残さないと。一番になりたい。首位打者になりたい」

枡田慎太郎

自主トレスタート

広島 栗原健太

オフは広島を拠点に自主トレを続け、年明けからは米国自主トレも検討中。

1/20 栗原続報

 完全復活を目指す広島栗原健太内野手(32)が19日、広島市内のマツダスタジアムで自主トレを行った。

1/22 栗原続報

 広島の栗原が22日、広島県廿日市市内で自主トレを行い「立場的にどんどんアピールしていくしかない」とキラとの正一塁手争いに危機感をのぞかせた。

1/23 栗原続報

 広島栗原健太内野手(32)と菊池涼介内野手(23)が22日、廿日市市内の大野練習場で初めて合同自主トレを行った。日頃から親交が深い2人はエールを交換。
 大野練習場が突然、野性味あふれるタッグ初結成の舞台となった。午後1時過ぎに菊池が登場。遅れて栗原も到着。笑顔で言葉を交わしながら、キャッチボールやフリー打撃などで汗を流した。前日21日にマツダスタジアム内で遭遇し、電撃合体が決まったと言う。
 菊池 2人で、というのは初めてですね。クリさんには入団した時から、かわいがってもらっている。技術面の話をしたり、勉強させてもらっているんです。
 使用する用具メーカーも同じ。実は親交が深かった。「あれだけ体が大きいのに筋肉が柔らかい。栗原サマサマだと思っていた人が気安く声をかけてくれるんだから」。後輩は8学年上の先輩を心から尊敬し、完全復活を信じてやまない。
 菊池 クリさんならやってくれる。僕はそう思っている。(一塁手として)投げやすいし、カバーしてくれる。意思疎通もできているし、僕的にも楽になる。
 栗原 そうなれるように頑張ります。
 2人は24日から宮崎・日南に先乗りし、1軍キャンプインに備える。「先乗りでも意見交換したい。僕にはプラスになることしかないので」と菊池。

ヤクルト 田中浩康

今オフに自主トレの一環として歌舞伎を取り入れる考えを明かした。
「歌舞伎から学びたいですね。呼吸とか間とか、学べることはたくさんあると思う」
▼過去の田中浩の珍トレ 10年オフは神奈川県内の箱根駅伝5区を走る「山上りトレ」。11年オフは「バレエトレ」。12年オフは08年北京五輪男子400メートルリレー銅メダリストの高平慎士(富士通)と、「陸上トレ」を行った。それ以外にも昨オフは自身のブログなどで自主トレの内容を「テーマはハイブリッド」として公募したこともある。

ソフトバンク 山中浩史 元ロッテ渡辺俊介と

ロッテ・渡辺ばりの「曲がらない」スライダーの習得を目指す。
来年1月には渡辺の沖縄自主トレに参加予定。

1/6 山中続報

 2年目のサブマリン、山中浩史投手(28)が自分探しの“短期留学”に出発する。きょう6日から8日まで沖縄県石垣島で米大リーグ、レッドソックスとマイナー契約を結んだ渡辺俊介(前ロッテ)に弟子入り。昨秋のキャンプ中に秋山監督から「まねするのではなく、俊介にはない、山中のリズムをつくれ」と指令を受けており、山中も「ヒントを得て戻ってきたい」と目を輝かせた。
「昨年のままではだめ。俊介さんを見て、自分の引き出しを増やしていければいい」とオリジナルの充実を目指す。5日は西戸崎室内練習場でキャッチボールやウエートトレーニングで汗を流し、弟子入りに備えた。

巨人 脇谷亮太

原点に戻って、NTT西日本の寮に住み込みで自主トレします。24時間、思い立ったら練習できる。

1/26 脇谷亮太続報(西武移籍後)

 巨人にFA移籍した片岡の人的補償として西武に加入した脇谷亮太内野手(32)が25日、初めて西武第2球場を訪れ、自主トレを行った。
 10日の入団会見後から23日までは京都でトレーニングを積んでおり、調整は順調。この日はキャッチボールやマシン打撃で汗を流した。「今日は施設の勉強も含めてで、軽くでした。(西武の)選手にも会えましたし、早くとけ込めるようにやっていきたい」

ソフトバンク 今宮健太

自主トレ中の1月に一度、祖母の安部スイさんが住職を務めていた大分市の「一心寺」でふんどし一枚となって極寒の川に漬かる荒行に挑む。
一昨年オフから取り組んでる「寒行」だ。

ソフトバンク 千賀滉大 中日吉見と同行

来年1月には中日・吉見と沖縄で合同自主トレ。約2年前に出会って以来、兄貴分と慕う存在から極意を教わる。
吉見さんはベンチ掃除とか雑用もやるんですよ」と、技術のほか心構えも吸収する。


1/19 千賀滉大続報

ソフトバンク千賀滉大投手(20)が18日、中日吉見らとともに、八女合宿をスタートさせた。

中日 大野雄大 吉見一起、ソフトバンク千賀滉大と同行

1月上旬には吉見らと沖縄で自主トレをスタートさせる。


中日 辻孟彦 中日大野雄大と

 正月から大野先輩の背中を追い続ける。中日・辻孟彦投手(24)が8日、愛知県一宮市の五城グラウンドで開かれた野球教室に参加。終了後、京都外大西高の先輩で今季2桁勝利を飾った大野雄大投手(25)とともに送り火で有名な京都の大文字山でトレーニングす

大野君は正月京都からのよしみんと一緒の沖縄トレかな?

1/14 大野雄大続報 小熊凌祐と

 中日・大野雄大投手(25)が13日、自主トレ先の沖縄県読谷村にある残波岬で開幕投手に名乗りをあげた。


1/19 大野雄大続報 吉見一起、小熊凌祐、西川健太郎、ソフトバンク千賀滉大と

大野雄大投手(25)は、吉見イズムの成果として「開幕投手&貯金5」の結果を目指す。吉見とともに八女合宿初日を終え「今年の目標は貯金5です」とキッパリ。
 吉見との八女合宿は今年で3回目。吉見は大野について「自覚が出てきた」と評価しながら「貯金なしは考えられない」とハッパもかけている。「吉見さんから意識の高さを見習っている」という大野。

中日吉見一起 鈴木義広、中田亮二 続報

ナゴヤ球場は正月からにぎやかだ。3日は右肘手術からの復活を期す吉見一起投手(29)や中継ぎの鈴木義広投手(30)が練習をスタート。
 中田亮二内野手(26)は元日から3日連続で姿を見せた。

中日 西川健太郎

中日の西川健太郎投手(20)が23日、ナゴヤ球場での合同自主トレに合流。さっそくブルペン入りし、エース直伝の新フォームを披露した。捕手を中腰にさせ、29球。視察で訪れていた佐藤投手コーチを「いい球を投げてたね」とうならせた。

About the author:

中継ぎ投手が好物、ウエスタン観に行きたい。 NPB(日本プロ野球)と洋楽メインストリームとクリスマスが好きです。

Related Posts

カテゴリー

アーカイブ

Back to Top