2013〜14 自主トレ情報メモ2

2013〜14 自主トレ情報メモ2

[`evernote` not found]
LINEで送る
Delicious にシェア
LinkedIn にシェア
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
Digg にシェア
[`livedoor` not found]

ヤクルト 上田剛史 オリックス糸井に同行

ヤクルトの上田が今オフ、オリックス・糸井と合同自主トレを行う。
知人を通じて申し込み快諾された。3月のWBCにも出場した糸井からは「ブラザー」と呼ばれて可愛いがられており「いろんな話を聞いてみたい」と心待ちにしている。

ソフトバンク 柳田悠岐 オリックス糸井に同行

来年1月にオリックス糸井嘉男外野手(32)の自主トレに志願参加
浜松市での自主トレに同行
正月明けから約2週間、場所は浜松市。


ソフトバンク 柳田悠岐 ら、若手

やる気あふれる若手たちは来月に西戸崎合宿所で合同自主トレを行うことを決めた。

柳田は浜松から西戸崎合宿所か。

阪神 今成亮太 オリックス糸井嘉男、ヤクルト上田剛史、ソフトバンク柳田悠岐と同行

阪神・今成が23日、大阪市内でファンクラブのクリスマス会に参加した。今成は来年1月に浜松で行う自主トレで、糸井(オリックス)ら日本ハム時代のメンバーと行うことを明かした。

今成詳細

 阪神・今成亮太捕手(26)が23日、年明けの自主トレをオリックス・糸井嘉男外野手(32)らと静岡県浜松市内で行い、下半身を徹底的に鍛え抜く考えを明かした。
 毎年恒例の合同自主トレ。「山や砂浜を走るんです。朝から午後1時ぐらいまで走ります」という過酷な自主トレ。メーンは今成らが「天竜の坂」と呼ぶ坂道でのダッシュ。約500メートルの坂を、一気に駆け上がるものだ。

オリックス 糸井嘉男

 オリックスの糸井嘉男外野手が6日、浜松市内の球場で報道陣に自主トレーニングを公開し、ソフトバンクの柳田悠岐外野手らと約6時間、キャッチボールや打撃練習などで汗を流した。
 年末年始は海外で休養していたという糸井は「太ったと思う。思っていたよりも体は動かない」と言いながら、フリー打撃では柵越えの打球も。「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を目指していきたい」と抱負を語った。
糸井は「勝ちたい。11月まで真剣勝負をしたい。そのために頑張りたい」と話した。

ソフトバンク 松田宣浩 双子の兄教明さん、父の長次郎さんと

 ソフトバンク松田宣浩内野手(30)が双子での合同自主トレを明かした。29日、故郷の滋賀・草津市で野球教室に参加。このまま実家に滞在し、「兄弟で練習できるし、父親もいます。続けることが大事。お正月もバットを振りますよ」と年越しトレを予告した。場所は野球を始めた老上小2年から裏庭にある専用練習場。パートナーは、トヨタ自動車で外野手として活躍し、かつてドラフト候補にも挙がった双子の兄教明さん。現役を退いたが、「僕のことを一番分かっている」と久々のツインズ結成だ。キャッチボールから打撃まで支援を受ける。
 小学生時代は兄がエースで松田は捕手。松田ツインズの存在は地元では有名だった。そして、毎日の自宅スイングを手助けしたのが、元球児の父長次郎さん(63)。「子供のころは、毎日のように父がトスした球を兄弟2人で打っていました」。今冬は父にもあの頃のように加わってもらう。

ソフトバンク 松中信彦 松田宣浩、森福允彦、嘉弥真新也、星野らが同行

12月中は東京都内のジムで練習し、来年1月からは松田、森福、嘉弥真、星野大地らと恒例のグアム自主トレで、自分を鍛え直す。

松中組続報 森福允彦、嘉弥真新也、星野大地と出発

 ソフトバンク松中信彦内野手(40)らが5日、福岡空港から自主トレ先のグアムへ出発した。昨年に続き森福允彦投手(27)、嘉弥真新也投手(24)が参加。星野大地投手(20)も初参加する。
 過酷なランニング量で知られる松中組だが、出発前にリーダーの松中が「無理してケガだけはしないように」と注意していた。


ソフトバンク 松田宣浩 東浜、高田、オリックス宮崎、西武栗山が同伴

年明けからグアムで約1週間のトレーニング。1月中旬からは母校の亜大へと場所を移し、後輩の東浜、高田、オリックスの宮崎に加え、親交のある西武の栗山らと練習を行う。

1/8 松田宣浩、グアムへ

ソフトバンク 大隣憲司 東浜巨、巽真悟、塚田正義、高田知季、新崎慎弥が同行

来年1月の沖縄自主トレで「大隣文庫」を開放
沖縄には投手では東浜や巽、野手では塚田や高田、育成の新崎が同行する。
※沖縄で初の自主トレ

1/23 松田宣浩続報

 ソフトバンク・松田が、福岡市東区の西戸崎合宿所で自主トレを公開した。合宿所に近い大嶽神社。108段ある階段を駆け上がった松田の両手は「パー」だった。「これまではグーのまま走っていた。パーの手で脇を締めて走れば、ロスがなくなると思う」
 今月上旬のグアム自主トレ。かつて清原和博(現評論家)も指導したケビン山崎氏主催の「トータルワークアウト」で指摘されフォーム改造。両手が「グー」のままでは肩に力が入り過ぎ、腕が振れないため、ブレーキになっていたが「パー」で脱力走法に目覚めた。

大隣憲司続報

ソフトバンクの大隣憲司投手が29日、“和食トレ”宣言を出した。
 年明けの沖縄自主トレに優子夫人を連れ添う左腕。和食をメーンにした手料理のおかげでコレステロール値が下がったそうで「沖縄でも和食中心でお願いする。太りやすい体質なのでバランス良く食べるのが一番」と明かした。結婚直後は苦手だった和食も、愛妻の努力もあり、今では体調管理に欠かせないという。若手にも料理を食べさせ、成長をアシストする。

東浜、高田は松中・マッチのとことスケジュール調整して参加????

ソフトバンク 森福允彦 グアム松中・マッチ組の後、嘉弥真と石垣島の嘉弥真家へ
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/55216

来年1月第2弾自主トレ
愛弟子宅に居候!? 福岡ソフトバンクの森福允彦投手(27)が25日、来年1月の自主トレを嘉弥真新也投手(24)の故郷でもある沖縄・石垣島で行うことを明かした。
約1週間の期間中は、嘉弥真の実家で寝食をともにする予定。
第1弾は今年1月と同じくベテラン松中らとの米国・グアム自主トレを年明け直後の10日間。第2弾が異例となる後輩の実家への1週間居候計画だった。

ソフトバンク 山下斐紹 ※ちなみに福元はスカウトに転身。

山下は来年1月の自主トレを福元と行うことを計画していた。福元が親交のある日本ハム・村田に声をかけ、そこに鶴岡も参加する流れになっていたという。ところが状況は一変。福元が戦力外通告を受け、鶴岡はFAでホークス入り。福元と相談した上で、合同自主トレそのものを断念
年明けの自主トレは現時点で西戸崎室内練習場で行うことを決めた。

日ハム 中村勝

「岡田将生に似ていると言われるのが、一番うれしい」とモジモジしながら、告白した。
例年、自主トレ先はタイだったが鎌ケ谷に腰を据え、じっくり自身と向き合っていく。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131221-OHT1T00132.htm

日本ハム・中村勝投手(22)が21日、来季の先発ローテ入りへ、クリスマス返上トレを行うことを誓った。千葉・鎌ケ谷の2軍施設でキャッチボールなど約2時間。24、25日を含め月末まで同施設で汗を流す予定。年内にブルペン入りする予定だ。
11年オフにはダルビッシュ(現レンジャーズ)と練習するなど、例年、先輩ナインとトレーニングしていたが一念発起。「ずっと先輩方に頼ってきた。今までやってきたことをふまえて、自分で組み立てていきたい」。今年は独自でメニューを考案し、一人で弱点の解決に取り組んでいる。

巨人 大田泰示

2年連続で参加したグアムでの阿部らとの自主トレにも同行しないことを発表し「神奈川県内で一人でやります。しっかりバットを振りたい」

1/7 大田泰示続報

 巨人の大田泰示外野手(23)が6日、神奈川県内のグラウンドで「孤独トレ」をスタートさせた。遠くに富士山を見ながら「今年のテーマは自立」と宣言。うま年生まれの年男は「徹底的に自分と見つめ合って心を強くしたい」と覚悟を明かした。
 ロングティーでは、知人のあげるボールを大粒の汗を飛ばして約300スイング。締めに外野のポール間走を12本行うなど3時間、精力的に動いたが、「今日は初日なので。まだまだこんなもんじゃないです」と試運転を強調した。
 昨年まで2年連続で阿部のグアム自主トレに同行。だが、今年は主将から「1人になって、何が足りないか考えて練習しろ」と突き放された。広島・福山の実家に帰省した年末年始、自室で1人熟考。「昨年までは結果を出さなきゃという思いが強すぎて、いろいろな人に頼り、もらった助言をすべて取り入れようとしていた。今、一番必要なのは自立することだと思った」。

阪神 鳥谷敬 ロッテ井口に同行(例年通りなら沖縄高専のグラウンド)

年明けからは例年同様、ロッテ井口らとともに沖縄で自主トレを行う


1/15 鳥谷敬続報

 阪神鳥谷敬内野手(32)が14日、沖縄・名護市内でロッテ井口らとの合同自主トレを公開した。
 超一流への階段を1歩ずつ着実に上がっている。名手の域に達したショート鳥谷に新たなチャレンジがある。沖縄で自主トレを実施。ロッテ井口、清田らとノックを受ける。柔らかいグラブさばき、コンパクトな送球動作も健在だ。
「いいに越したことはない。シーズンが終わったときに、そういった数字を意識するかもしれない。やっている最中に数字を見過ぎて思い切りいけなくなるのは嫌。攻めていったなかでミスもある。最後に、超えられればいいですね」
 「エラーの数にこだわるより投手、捕手、チームメートに信頼されるようにできたらと思う。プロ10年間で1回しか優勝していない。優勝したい気持ちは強い。個人的には打つ方はいままで残した数字をすべて上回れるようにしたい」

1/22 鳥谷敬

今日で沖縄での自主トレが終わりました
今年の沖縄は雨は少なくグランドでの練習はできましたが、少し風が強く寒い日が多い気がしました。
でも体もいい感じで調整できましたし、2月のキャンプでしっかり仕上げていきたいです。

ソフトバンク 李杜軒 ロッテ井口尊仁、阪神鳥谷敬らと同行

 ソフトバンク李杜軒内野手(25)が4日、ヤフオクドームで“練習始め”を行った。約1時間、素振り、筋力トレーニングで汗を流した。「オフはゆっくりできました。向こうでは筋トレばかりやっていました」と、故郷の台湾で過ごした1カ月で2、3キロ筋肉をつけて帰ってきた。
 5日に沖縄へ出発し、ロッテ井口らとの自主トレを行い、現在91キロのマッチョなボディーを88キロまで絞り込んでキャンプインするつもりだ。

1/6 井口続報 ロッテ清田育宏、細谷圭、小池翔大、阪神鳥谷敬、オリックス竹原直隆、ソフバン明石健志、李杜軒、西武大崎雄太朗が同行

今日から2014年自主トレがスタートしました。
今年のメンバーは
ロッテ
井口、清田、細谷、小池
阪神タイガース
鳥谷
オリックスバファローズ
竹原
ソフトバンク
明石
李杜軒
西武ライオンズ
大崎
総勢9名です。
昨年と変わらないメンバーでまた集まれて嬉しいです。

ロッテ 成瀬

今オフの自主トレは「一人で追い込みたい」と、孤独に復活を目指す。

1/11 成瀬続報

 ロッテ成瀬善久投手(28)が11日、浦和球場で自主トレを公開した。
 遠投などのメニューをこなし、順調な調整ぶりをうかがわせた。「肩痛もなくて、強めのボールが投げられている。不安要素はあるけど、投げられる幸せをやりがいに感じてやりたい」

ソフトバンク 五十嵐亮太 武田翔太が同伴

来年1月に米国アリゾナ州で行う自主トレに同行する武田翔太投手(20)を、徹底した管理下に置く考えを明かした。
五十嵐がシーズン終了後にアリゾナでの自主トレを「門戸開放」することを公表した後、志願して入門してきたのが武田だった。ベテラン右腕は現地で取り組む体幹強化などで「もっと速い球が投げられる」と期待を寄せる。


ソフトバンク 武田翔太

来年1月に米国・ロサンゼルスで初の海外自主トレを行うソフトバンク・武田翔太投手(20)が27日、トレーニングの一環で「ヨガ」に初挑戦することを明かした。五十嵐とともに施設を利用する「アスリートパフォーマンス社」から提示されたメニューに組み込まれており、疲労回復に加え、股関節の可動域を広げる狙いがあるという。

ソフトバンク 武田翔太続報 笠原大芽と(写真より)

 武田翔太投手(20)が4日、成田空港から自主トレの地、米国ロサンゼルスへ出発した。直前まで3日間、個人契約したサイコセラピストの河野昭典氏(55)の「スポーツ催眠」トレーニングを受けるなど、新年から意欲満々だ。
 河野氏によると「スポーツ催眠」とは人間の無意識部分にアプローチし、心と体を緩めて本来の潜在能力を引き出すもの。武田は「手応えは大きい。ぶれない心を培える」と早くも成果を感じ取っている。具体的な目標設定も掲げ、「最低でも2桁勝利」と誓った。
 


ロスで自主トレ、五十嵐走り込む 年明けにはブルペン入り

今季12セーブを挙げたソフトバンクの五十嵐が自主トレ先のロサンゼルスに向けて出発した。
「大場、武田、笠原も来る。若手が多いし、ランニングのメニューは増やそうかと思っています」と下半身中心のメニューに取り組む一方、ブルペン入りの時期は「1月の頭に入りたい」と年明け早々の「初投げ」を宣言。

大場、笠原も同伴。
五十嵐・武田組はロスなの?アリゾナなの??
記事としてはロスのほうが多い。

ソフトバンク 大場翔太

来年1月3日にブルペン入りする異例の調整プランを明かした。日本の正月ムードとは無縁の米国・ロサンゼルス自主トレで、例年よりも1週間早く投げ始め、投球フォームを徹底的に固める。

http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/55434

2年連続でのロス自主トレ。昨年は藤岡に同行して1月6日に日本を出発した。過去の自主トレも和田(前オリオールズ)や、東洋大の先輩だった永井(楽天)に同行する形だったが、今回は違う。「(自主トレ先が一緒の)五十嵐さんも武田もいつ練習を始めるか聞いていない。それぞれの予定があるので」と、あくまでも自分のペースで体をつくっていく。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131218-1233110.html

自主トレ先の米国ロサンゼルスに来年1月1日に出発することを明かし、日付変更線を越え到着時も1日であることから「1日得しましたね」とご機嫌。
 出国前、到着後の元日2度の自主トレも可能だが「1日くらいゆっくりさせてくださいよ」と否定。翌日から勝負の7年目をスタートさせるつもりだ。

ヤクルト 小川泰弘

オフは母校・創価大で自主トレを行い、体力強化に励む。

小川続報

ヤクルトの「ライアン」こと小川泰弘投手(23)が4日、故郷の愛知・田原市内で自主トレを公開した。
 母校の赤羽根中でランニングやキャッチボールをした後、赤羽根海岸の砂浜でダッシュを繰り返した。
 昨季の疲労は「残っていますね」と苦笑しつつも、ふるさとでの約2時間の自主トレを終えて「キャッチボールは今年初めて。小、中学校からこの浜にはお世話になっています。初心に戻りますね」と笑顔。
 「1年目は終わったので、また新しいスタート。いちばんの目標はリーグ優勝。個人的には200イニングと防御率1点台に近づければ、昨年よりもチームに貢献できると思う」と、2年目の飛躍を誓った。

1/21 小川泰弘続報

ヤクルト小川泰弘投手(23)が、血流アップで「ライアン投法」の持続力アップを図る。神宮外苑で自主トレを行った。「まだまだだと思うし工夫次第で成長できる。新しいことを取り入れてやっていきたい」と向上心は尽きない。

1/23 小川泰弘続報

ヤクルト・小川泰弘投手(23)が22日、神宮外苑で自主トレを公開。今年初の投球練習を行い、捕手を立たせたまま30球を投じた。今月中旬には米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手(27)と東京都内で極秘合同自主トレを行い、カットボールを伝授されたことを明かした。
 「速くてスピンがかかっていて、伸びながら曲がる感じ。自分のカットボールは垂れますが、あまり失速しなかった」。ダルビッシュのカットボールは150キロに迫る超高速球。しかも浮き上がるように見える、ライジングカットだ。

ソフトバンク 江川智晃

年明けは西戸崎、沖縄と2段階の自主トレに励み、節目の10年目に備える。

1/20 江川続報 寺原隼人と

ソフトバンク・江川は19日、寺原と同じ読谷村での自主トレを公開した。
 「昨年は5日間だけでしたが、今年は10日間こっちでトレーニングできる。自主トレでは初めてマメが3回、破れました」と充実した表情を浮かべ、20日に打ち上げる。

「大和組」解散…独り立ち、森田&高浜との自主トレせず

阪神・大和が来年1月は故郷の鹿児島県鹿屋市で自主トレを行わないことを明かした。毎オフ、グラウンドを借りて後輩の森田、高浜(現ロッテ)らと過酷なトレーニングをするのが恒例となっていたが、さらなるステップアップへ、それぞれが独り立ちすることになった。
新たな練習場所は決まっていないが、次なるステップへむけておのおので動きだす。


剛を慕った模様
阪神 西岡剛 日ハム中田翔、大和、西田直斗、ロッテ江村直也、日ハム西川遥輝が同行

今オフの自主トレについて「7日から大阪でやって、下旬にハワイへ行く。日本で体をつくって、暖かいところでもっと追い込む」と明かした。
今オフから自主トレに志願参加する大和に対して「いつもほとんどの選手が死んでる。僕と自主トレやって遊べると思ったら大間違い。はっきり言って、夜は楽しくないよ」と予告。

12/7 西岡続報

来年は例年通りに大阪市内で始動した後、1月下旬からは米ハワイ州で自主トレを行う予定だ。
1月上旬は大阪市内で大和らと合同自主トレを実施。例年、中田らと「チーム剛」を結成し、猛練習に励むが、大和も新加入する。


1/21 西岡続報 中田翔らとハワイへ

 阪神西岡剛内野手(29)が21日、日本ハム中田翔内野手(24)らと自主トレ先の米ハワイに向かった。
 出国前に関西空港で「ここでもう1回、追い込んで、キャンプに入ろうと思う」と意気込んだ。年明けから大阪・吹田市内で自主トレを行っており、南国では下半身強化などに取り組む。

ロッテ 江村直也

江村直也捕手(21)が1日、今オフ、大阪桐蔭の先輩にあたる阪神・西岡剛内野手(29)とともに自主トレを行うことを明かした。
西岡を始め日本ハム・中田ら同校OBが集まり自主トレを行っているが、江村が参加するのは3年目。

阪神 西田直斗

西岡も来年1月上旬の大阪市内で行われる合同自主トレに誘う

1/8 中田翔

日本ハムの中田翔内野手が8日、大阪府吹田市内で、大阪桐蔭高の先輩である阪神の西岡剛内野手らとともに自主トレーニングを報道陣に公開した。雨のために室内練習場でキャッチボールやティー打撃などに取り組み、軽く汗を流した。

1/8 西岡・大和続報

 阪神西岡剛内野手(29)と大和内野手(26)が8日、大阪・吹田市内の日本生命総合グラウンドで行う自主トレを公開した。
 雨天のため、室内練習場でキャッチボールやティー打撃などを行った。西岡は「大和は思い切ったプレーをできるいい選手。僕が勢いをつけて背中を押せる存在になりたい」と意気込んだ。大和も「こまめにアドバイスをもらっている。僕もツヨシさんの気持ちを分からないといけない」と話す。

1/9 中田翔続報

中田翔内野手と西川遥輝内野手は8日、大阪府吹田市の屋内施設で阪神・西岡剛内野手らとの合同自主トレを公開

中日 岡田俊哉

 年明けに家族でハワイ旅行を計画しているが「僕は家族とは別行動ですよ」と謎の発言。「家族とは別でトレーニングするつもりなので」と説明

西武 十亀剣 菊池雄星らと同行

年明けからは菊池ら先発陣とハワイで自主トレを行う予定

阪神 新井良太

阪神・新井良太内野手(30)が1日、広島市内のジム「アスリート」で自主トレを開始

1/7 新井良太続報

 阪神・新井良太内野手(30)が6日、広島市内のスポーツジム「アスリート」で自主トレを公開した。腰の負担を軽減するセーフティースクワットでは自己最高の240キロを挙げ、昨季のシーズン中とほぼ変わらない体重98キロを維持。パワーアップしながら、シャープな最強ボディーを完成させた。秋季キャンプで掛布雅之GM付育成&打撃コーディネーター(DC=56)から宿題を出された打撃フォームの維持などもクリア。全試合出場と20本塁打を新年の目標に掲げた。
現在はジムと並行して母校・広陵高で手投げのフリー打撃を再開している。

巨人 實松一成 村田修一、今村信貴と同行

来年1月は沖縄で村田と自主トレを行う予定


巨人 村田修一

1月の沖縄自主トレには3年目左腕の今村が同行。


1/6 村田続報 今村信貴、實松一成、井野卓が同行

 巨人村田修一内野手(32)が6日、沖縄自主トレへ出発した。実松、井野、今村らと本格始動する。


1/14 村田修一続報 芳川庸も参加、嘉手納球場で

 新選手会長としてシーズンを迎える村田選手が14日、沖縄県中頭郡の嘉手納球場で自主トレを公開しました。
 實松、井野、芳川の3捕手に加え今村投手も参加。
「全試合戦える体作りをテーマに自主トレに取り組んでいます。(全試合出場は)レギュラーとしての最低限の目標です。日本シリーズ最後の試合が終わるまで、集中力を切らさないようにやりたい」と先を見据えていました。新戦力については「選手会長として自分がしてもらったようにうまくチームに溶け込めるような雰囲気作りをしたい。自分らしくやってもらえれば」


1/21 村田続報

村田修一内野手(33)が21日、自主トレーニング先の沖縄から帰京。初めて今村信貴投手(19)も帯同し「(投手の球を)早い段階でみることができた。難しかったが、いい勉強になった」と充実感を漂わせた。

広島 久本祐一 菊池涼介、戸田隆矢が参加

広島・久本祐一投手(34)が14日、菊池に“地獄トレ”を予告した。
来年1月の静岡での自主トレに菊池や戸田らを連れて行くが「練習して3日後か4日後には憂鬱(ゆううつ)になると思うよ」と淡々と語った。
日程は1月3日から23日までで、休みは1日だけの予定。体幹を鍛えるトレーニングが中心になるという。「僕はしんどいのは慣れているけど、初めて参加する人(菊池と戸田)が心配だね」とにやりと笑った。

菊池 自主トレで左打ちに再挑戦も「諦めたわけじゃない」

武蔵工大二高時代のコーチが亜大OBで、久本や菊池を発掘した松本スカウトと同期。その縁で「行こうか」と声を掛けられたという。

【広島】久本自主トレ地でAKBが運動会

年明けからは静岡で菊池、庄司、戸田らと合同自主トレを行う予定。
 実は最近、自主トレ地をバラエティー番組内で見たと言う。「大学が廃校になったところなんですけど、最近AKB48の皆さんが運動会をやっていましたね。東京から近いし、よく撮影に使われるみたいです」とニッコリ。

こちらも → 【広島】菊池「自主トレ久本さんお任せ」

→加藤学園御殿場キャンパス

1/11 菊池涼介続報 続報2

 広島の菊池涼介内野手が11日、静岡県伊豆市の天城ドームで自主トレーニングを公開した。「競争には絶対なるので、しっかり調整して自分のパフォーマンスを出したい」と定位置死守に気を引き締めた。

1/12 久本続報

広島久本祐一投手(34)は2年連続の開幕ローテ入りに向け、着々と準備を進める。11日、菊池らとの合同自主トレを公開。メンバーの今季3年目、20歳左腕・戸田に対しても「左というのは大きい。負けられない」ときっぱり。

日ハム 運天ジョン・クレイトン

今オフも恒例の米軍兵士との「合同自主トレ」を行う。今月下旬に里帰りの予定。帰省期間中には毎年、米軍の嘉手納基地内にあるウエートトレ施設を借りて肉体強化している。

ロッテ 唐川侑己 涌井と

同僚になる涌井とは、来年1月に千葉県内で一緒に自主トレを行う。


http://www.sanspo.com/baseball/news/20131215/mar13121505060002-n1.html

涌井と来年1月に千葉・館山市で自主トレを行う予定の唐川
今年1月、涌井に“弟子入り”。来年も自主トレを1月15日前後から1週間程度行う。

1/7 唐川続報

 ロッテの唐川が7日、QVCマリンフィールドで自主トレーニングを公開し、キャッチボールやランニングなどで体を動かした。昨季チーム最多タイの9勝を挙げた唐川は「最多勝のタイトルを取りたい思いはある」と意欲を口にした。
 今季は「体全体のパワーアップをメーンとしてやっていきたい」と言う。「強い真っすぐを投げる意識を持つこと。去年も試行錯誤でやっていた。それを形にしたい」と意気込んだ。


ソフトバンク 帆足和幸 涌井、西武野上、岡本篤志、ソフバン山田と同行(例年通りなら山鹿市内)

来年1月6日から熊本で自主トレを開始し、西武からFA宣言した涌井、岡本篤、野上、それにソフトバンクの山田とともに、課題克服のため下半身強化に取り組む。

涌井さんは熊本自主トレ後に唐川くんと館山で、かな?

1/27 涌井秀章

ロッテの涌井秀章投手(27)が26日、QVCマリンフィールドで自主トレーニングを公開。「1年間ローテを守ればおのずと結果はついてくる。1年間先発として投げたい」と意気込みを語った。

ソフトバンク 吉村裕基

年明けの自主トレ地も海外を含め温暖な地を最終選考中で「一人で追い込むつもり」と鼻息は荒い。

オリックス 比嘉幹貴

オフは地元沖縄で自主トレ

DeNA 三浦大輔 三嶋と

年明けには一緒に自主トレを行う。

1/7 三浦続報 三嶋一輝、小林寛が同行(厚木で)+トレーナーの馬場さん

今年は・・・
このメンバーで・・・
自主トレ!
左から・・・
12 小林寛!
17 三嶋一輝!
18 三浦大輔!

DeNA 三嶋一輝 三浦と厚木市内で

オフは尊敬する三浦と神奈川・厚木市内で自主トレを行う。

西武 相内誠 新人合同自主トレに参加

西武の相内誠投手(19)が30日、“2年目の新人合同自主トレ”を行う珍プランを明かした。昨年12月に無免許運転や速度超過の疑いで千葉県警に摘発され、1月は、ほかのルーキーが合同自主トレを行っていた頃、相内は無期限謹慎中。入団は今年3月にずれ込んだ。それだけに「今年は参加していないので、その分もしっかり練習したい」

西武 相内誠 ボクサーの知人と

 西武の相内誠投手(19)が24日、期間限定でボクサーに転身する考えを明かした。年明けにボクサーの知人に弟子入りし、ロードワークやミット打ちを行う予定。「ボクシングの練習はしんどいので、体力作りの面でプラスになると思う」と拳をならした。
体力強化のため、年始はボクサーと合同練習を予定。「高校時代に経験がある」というボクシングのトレーニングに励む。
ボクサートレを終えて帰寮した後には、1年目に参加できなかった新人合同自主トレのメニューを消化するプランも練っている。

オリックス 馬原孝浩

孤独トレで再起誓う
自主トレは佐賀でソフトバンク・摂津、寺原らと行うのが恒例だったが「単独で集中してやろうと思う」と“馬原組”を解体し、ゼロから自分を見つめ直す。

ヤクルト 由規

年末には仙台に帰省。年明けから沖縄で自主トレを行い「キャンプ前には捕手を座らせて投げたい」と照準を定める。


1/10 由規続報、兄史規さん、木谷良平、徳山武陽と

 ヤクルト由規投手(24)が10日、兄史規さんと沖縄自主トレに羽田から出発した。
 15日には木谷良平投手(24)、徳山武揚投手(24)が合流し、23日に帰京する予定。
 「沖縄は暖かいので投げられちゃうと思うけど、慎重にいきたい。40球、50球を連投することの方が大事。状態を見ながら1、2回は100球以上投げたい。順調で今の段階では開幕(1軍)は間に合うと思う」と明るい見通しを示した。

ソフトバンク 中村晃 長谷川と?

今オフは西戸崎室内練習場で自主トレの予定。
埼玉に帰省する短期間だけは母校帝京高で体を動かすが、それ以外は西戸崎漬けの日々を送る。
首位打者と最多安打の2冠に輝いた同じ左打者の長谷川だ。今オフも西戸崎で自主トレを行う方針で、中村は「これまでも長谷川さんの練習する姿を見てやってきた。勉強していければいい」とうなずいた。


ソフトバンク 長谷川勇也

年内は体づくりを優先し、1月から本格的に打撃を始める。年末年始は故郷の山形・鶴岡市で「実家トレ」。

阪神 中谷将大 ドラ4梅野隆太郎の同行

阪神・中谷将大外野手(20)が10日、ドラフト4位・梅野隆太郎捕手(22)=福岡大=と、年明けに合同自主トレを行うことを明かした。
中谷にとって梅野は、福岡工大城東の1学年先輩だ。「年明けに高校で一緒に自主トレをさせてもらいます」。高校時代、同じ捕手として寮では同部屋だった。梅野が指名されたときには、うれしくてすぐに連絡したほど仲がいい。

中谷翔太・梅野隆太郎続報

 阪神のドラフト4位梅野隆太郎捕手(22=福岡大)が3日、福岡市内の同大グラウンドで自主トレを公開した。
 自主トレには福岡工大城東時代の1年後輩にあたる阪神中谷将大外野手(20)も参加した。ダッシュや打撃練習を行った梅野は「久しぶりに打ったので思い通りにいかなかったです。状態はまだ半分ぐらいです」。プロ生活においては先輩となる中谷に対しては、「スイングスピードが高校の時とだいぶ変わっている。上で一緒にやりたい」と1軍での共演を誓った。

巨人 寺内崇幸

1月からは昨年に続き、今季限りで現役引退した元ヤクルトの宮本慎也氏(43)が視察に来る松山で自主トレを行う予定。

DeNA 菊地和正 加賀繁、大田阿斗里、国吉佑樹、日ハム根本が同行

来春の自主トレも恒例となったタイで行う。加賀、大田、国吉、日本ハム根本を同行する。

日本ハム 根本朋久

日本ハム根本朋久投手(27)が4日、千葉・鎌ケ谷で初投げを行った。
 球場開きだったこの日、新垣勇人投手(28)とともにキャッチボールなどを行った。9日からは温暖なタイでDeNA菊地らとともに自主トレ予定。「しっかり、体を作ってきます」と、気合が入っていた。

西武 山崎浩司

大産大付の同級生で、プロレス団体「DRAGON GATE(ドラゴンゲート)」に所属する土井成樹(33)と年明けから関西で合同自主トレを行う予定

山崎浩司続報

 プロ16年目の西武・山崎が5日、母校、大産大付高のグラウンドで、同級生でドラゴンゲートのプロレスラー、土井成樹と初の合同自主トレを行った。昨年6月に楽天・ジョーンズのスライディングで負傷したことから、土井の必殺技『バカタレ・スライディングキック』を発射してもらい、故障回避の特訓を敢行。「役に立ちそうというより、技自体が強烈やった」と山崎。土井もボールを使ったトレーニングを行い「体幹を鍛えるのに取り入れようと思います」と共闘を誓った。

西武 中村剛也

オフは所沢市内に残って自主トレに励む。

1/7 中村続報

 西武中村剛也内野手(30)が7日、所沢市内の西武第2球場で自主トレを公開した。ランニング、キャッチボール、ティー打撃などで、じっくり体を動かした。
 自宅から自家用車で球場に向かう際に、タイヤがパンクするアクシデントに見舞われ「10分ぐらい走ったところで、少し車が傾いてるなと思った。ガソリンスタンドでスペアタイヤに替えてもらいました」と、時間は少し遅れたが予定通り自主トレを敢行。昨年は膝の手術の影響でキャンプはリハビリに専念していただけに「普通にキャンプに入れるように。それが一番大事なんで」

1/17 中村剛也続報

 西武の中村剛也内野手(30)が16日、おかわりワールド全開の自主トレを展開した。約15選手が練習する西武第二で気ままに単独行動。物見やぐらから若手に目を光らせたり、突如「ノックは好きだから」と浅村らにノックの雨を降らせたり…。自由すぎるおかわりに、所沢が沸いた。
 大半の選手が一緒に練習する中、まずは黙々ランニング。打撃練習を終えると、今度は「キャッチボールしよう」。キョロキョロして「相手おらんからやめた」。姿が見えない…と思ったら、高さ5メートルの物見やぐらから若手を見守っていた。
 高みの見物(?)の後は“鬼コーチ”に変身。「オラァ!!」と浅村らに猛烈なノックを浴びせた。使ったバットは重さ約1・2キロ。下半身主導のフォーム習得に有効な長尺バットを操り、浅村を「さすが」とうならせた。

西武 浅村栄斗

浅村が23日、プロボクシングの東洋太平洋Lフライ級王者、井上尚弥(大橋)と大橋ジムで合同トレーニングを行った。ミット打ちも披露し「腰の使い方が打撃と同じなので生きるかもしれない。日頃のストレスを発散できて楽しかった」とすがすがしい表情を浮かべた。

オリックス 松葉貴大 ロッテ鈴木大地らと同行

年明けは高知でロッテ鈴木らと自主トレを行う。

松葉続報 西武林﨑遼、駒月仁人、日ハム大野奨太、乾真大が、ロッテ鈴木大地が同行

 オリックス松葉貴大投手(23)が6日、高知県宿毛市内で自動車事故に遭い、左手首を負傷した。宿毛署などによると、午前11時35分ごろ、宿毛市和田の国道56号線を走行中のジャンボタクシーが、交差点近くの縁石に乗り上げるなどして、道路脇にある空き地のガードレールにぶつかった。
 この事故で、同タクシーの運転手のほか、松葉や西武林崎遼内野手(25)、駒月仁人外野手(20)、日本ハム大野奨太捕手(26)、乾真大投手(25)、ロッテ鈴木大地内野手(24)が同市内の病院に緊急搬送された。松葉は診察の結果「左手首打撲」と診断された。運転手や他の選手は無傷、あるいは軽傷だった。
 6選手は1月半ばまで合同自主トレを行う予定で、この日高知入り。高知龍馬空港から宿毛市内の球場に向かっていた。松葉は患部に腫れがあり、7日以降の様子をみて自主トレを続けるかどうか決める。事故原因は調査中。現場は宿毛市の中心地に近いバイパス道路で、同署によると、交通量は比較的多いという。

オリックス 岡田貴弘(T-岡田)

希望していた李大浩とのサイパン合同自主トレは調整がつかず、神戸市内でオフを過ごす予定

1/16岡田貴弘(T-岡田)続報

オリックスのT-岡田が16日、神戸市のほっともっとフィールド神戸などで自主トレーニングを公開し、「これから先の野球人生がかかっている1年。必死にやる」と決意を口にした。

ソフトバンクに移籍 中田賢一

ナゴヤ球場でトレーニングを行った。
中日には了承を得ており、年内は同球場で練習する予定。


中田賢一 続報

先発ローテの一角として期待される中田が、日刊スポーツの新春インタビューに応じた。注目の右腕は「暴れ馬」のスタイル継続を明かし、タカ党に“魅せる”投球を誓った。
 北九州出身。地元福岡に中田が戻ってきた。
 中田 秋山監督から「お帰り」と言われました。引っ越し業者の方が博多弁を使っていたので「ああ、帰ってきたな」と実感しましたね。移籍先を決めて、まず母に第一に報告したが、すごく喜んでいた。
 大学で急速に力をつけプロ入り。「めちゃくちゃ練習した」と当時を振り返る。自分に負けない強いハートを持っている。
 地道にコツコツ続けてきたから、今の自分がある。決めたことは絶対にやるタイプ。(中日でも)他の人が先に帰っても、トレーニングコーチに申し訳ないなと思いながらずっと練習をやってました。
 「KK8」と呼んでたメニューがある。よく走っていた大学近くの山(鷲峯山)の頂上に観音様がいるんです。まずそこまで走り、その先にある急勾配の243段の階段を8本連続で上がる。観音様の「K」と、階段の「K」ですね。本当に当時はよく走った。僕は人よりふくらはぎが太い。42~43センチある。階段を走った影響もあるのかな。原点回帰の意味で、今回も走るつもりです。
 FAでの移籍だけに、プレッシャーも感じているという。1年目は自らに10勝以上のノルマを課した。
(中日時代は)沖縄で最初からガンガン投げていたが、今年2月の宮崎は最初2週間が寒いと聞いている。そこまで飛ばすことは考えていない。
 中日時代は当時の落合監督からも「暴れ馬」と呼ばれた。多少、制球を乱しても、球威で抑え込んでしまうからだ。制球を意識しすぎて持ち味が半減していたこともあった。

1/8 中田賢一 グアムへ(空港で松田宣浩と会う)

 福岡ソフトバンクの松田宣浩内野手(30)が8日、フリーエージェント(FA)移籍した中田賢一投手(31)にお立ち台でのパフォーマンスを要求した。自主トレ先のグアムに向かう2人は、福岡空港でチームメートとして初対面。中日時代はおとなしかったという右腕に「何かやってもらわないと」と突き付けた。

中日 森野将彦

11月から無休でトレーニングを続けている。
年末までナゴヤ球場で練習を続け、年明けには単独でグアム自主トレ。

森野続報

7月で36歳となる中日・森野将彦内野手(35)は今オフ、ほぼ無休で自主トレ中。
「このオフが1番、自分のために何かをしようという意識が高かった。35歳という年齢のせいだと思う。ここからもう一回、変わらないといけないと思うし、本当の意味で復活の年にしたい」
 2年連続の不振を受け昨季開幕前には「中日は今年で終わりかもしれない」とFA権での移籍を考えていた。ただ、落合GMから「必要戦力」と言われ、背番号7を約束されたことで覚悟は固まった。「もう一度レギュラーを獲るつもりで挑みたい」。

森野続報2 永田トレーナー(左)と(写真)

中日の森野将彦内野手(35)が4日、中部国際空港から毎年恒例のグアム自主トレへ出発した。

中日 浅尾拓也

今月中に再び鳥取のスポーツ施設「ワールドウィング」を訪れ、年明けには鹿児島、グアムの自主トレを経て、春季キャンプに臨むことを明らかにした。

浅尾続報

 ワールドウィング効果で年末年始も自主トレだ。中日・浅尾拓也投手(29)が29日、ナゴヤ球場で自主トレ。中日屋内練習場でのキャッチボールでは約50メートルの距離をシーズンさながらのボールで投げ込むと、徐々にペースアップしていくことを明かした。
 「せっかく肩がまわるようになっているんで、きょうも動かそうと思ったんです。状態は例年以上にいいですよ。2日に1回くらい肩を動かして、ゆっくり作っていこうと思っています」
 充実感があるのは26日まで訪れていた鳥取での自主トレにある。今月中旬にあった山本昌のハワイでの挙式に列席した後は鳥取市内のトレーニング研究施設「ワールドウィング」に直行。11月に続いてトレーニングを積んだ。現地では初動負荷理論のウエート機器で汗を流すと、キャッチボールを敢行。
 「何かを変えないといけないし、試すなら今しかないと思って行きましたが、本当によかった。いい勉強になりました」
 年末年始もキャッチボールを続けて年明けの鹿児島、グアム自主トレでペースアップするという浅尾。

1/9 浅尾続報、武藤祐太、山内壮馬、岩田慎司と

 中日の浅尾拓也投手が9日、鹿児島市内でチームメートの武藤祐太投手、山内壮馬投手らと自主トレーニングを公開し「やらないといけない年。危機感を持ってやっている」と決意を口にした。
 この日は走り込みやノック、水泳などで体を動かした。約60メートルの距離でボールを投げ「みんな出来が早い。こんなにキャッチボールをやるつもりじゃなかった」と手応えを感じた様子。
 中継ぎ陣の軸として再起を期す右腕は「一年間1軍にいるのが目標。それがすごく難しい」と慎重に抱負を語った。

1/10 浅尾続報

 中日浅尾拓也投手(29)が9日、山内、岩田、武藤と5日間行った鹿児島市内での合同自主トレを打ち上げ。「やらないといけない年です。やらないと、いい場所で投げさせてもらえない。危機感を持ってやっています。背水です」。5日間の鹿児島自主トレを打ち上げたこの日、悲壮な決意を告白した。
 山内は「浅尾さんのメニューがキツイ。もう足がパンパン。『浅尾さん暴走』と書いておいて下さい」と苦笑いで明かした。今年30歳になる参加最年長の浅尾が、同じく奮起が期待される山内、岩田、武藤のことも考えた地獄メニューを準備。球場への自転車通勤をはじめ、桜島を横に見ながら走る長中短距離走やノック、ウエート、プールなど連日、日没までの8時間練習を敢行した。
近日中に飛ぶグアム自主トレへの下準備は、十分すぎるほど整った。

広島 前田健太

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加した今春はハワイで汗を流したが、来春は広島と東京を拠点にする意向だ。
「去年は初めから急いでやったけど、今年は落ち着いて自主トレがやれるかな…と。ハワイにも沖縄にも行きません」

1/6 マエケン続報 広島中田廉が同行

本格的に自主トレを開始しました!!
今年は優勝する!
チームを引っ張っていけるように
今からしっかり体を仕上げていきます
今年はウイダーさんにお世話になって自主トレしてます!
後輩の中田 廉も呼んで一緒にやってますよ

オリックスに移籍の山崎勝己 巨人杉内俊哉らと同行+一岡竜司

年内は福岡市内で汗を流し、来年1月は例年通り、杉内(巨人)らとともに鹿児島県薩摩川内市で合同自主トレを行う。


1/8 広島に人的補償で移籍の一岡竜司

入団会見後には、すぐに球場を離れ、自主トレ先の鹿児島に向かった。巨人の左腕杉内に弟子入り。「吸収することが多い。今年からお願いした。技術も持っているし、普段の生活の姿勢も見てみたい」。先発で成功する秘策を学ぶつもりだ。


1/21 一岡竜司続報

広島一岡竜司投手(23)が18日、改修工事を終えた沖縄市野球場のこけら落としとなる2月22日オープン戦阪神戦での登板に意欲を見せた。「今、試合に投げろと言われても投げられます。いち早く投げたい。最初の試合で投げられるようにアピールしていきたい」と力を込めた。
 この日は大野練習場で合同自主トレに参加。ブルペンでは早くも捕手を座らせ、フォーク、スライダー、カット、シュートと全変化球を交えて52球。「僕みたいな実績のないピッチャーがゆっくりやっていてはダメ」。1月上旬から巨人杉内らと行った鹿児島合同自主トレ中に初ブルペンを済ませ、ハイペース調整を続ける。

巨人 松本哲也

自主トレについては「1人で見つめ直す。何がいい、何が悪いかを考えながらやっていく」と話した。

ヤクルト 増渕竜義 日高亮、久古健太郎と同行

来季は日高、久古とともに米国ロサンゼルスのトレーニング施設で自主トレを行い

1/7 増渕出発


ヤクルト 石川雅規 館山昌平と同行か

館山と自主トレを行う計画もあり「もう1度信頼を勝ち取りたい」と力を込めた。

ヤクルト 館山昌平

長期自主トレ先のハワイから一時帰国していたヤクルトの館山が23日、再出発。5日間の帰国中には今年4月にじん帯再建手術を受けた右肘の状態をチェック。手術から9カ月を迎える来年1月11日前後にはハワイで術後初めてブルペン入りする予定だ。

1/10 館山昌平続報、松岡健一、江村将也と

 右肘手術から復活を目指し、ハワイで自主トレ中のヤクルト・館山が、現地時間10日(日本時間11日)に術後初めてブルペン入りする。捕手を座らせての投球は試合中に靱帯を断裂した昨年4月5日のDeNA戦(神宮)以来となるが、「準備はしっかりできているので不安はないです」と話した。この日は松岡、江村と200メートル×14本のインターバル走などをこなし、手術から9カ月ぶりとなる本格投球に備えた。

1/23 館山・石川雅規続報

 ヤクルトの石川と館山が自主トレ先のハワイから帰国した。昨年4月に2度目の右肘じん帯再建手術を受けて復活を目指す館山は現地でブルペン入りし、2年連続の開幕投手へ「勝負できる状態に持っていけるのではないかと思う」と自信をのぞかせた。
 昨季6勝に終わった石川は「(開幕投手を)目指すは目指すが、まずはしっかり首脳陣にアピールしたい。(キャンプ)初日からアピールしないといけない立場」と話した。

阪神 福留孝介 ヤクルト館山昌平、横浜多村仁志らと、山崎武司が同行

 福留は今年から多村(DeNA)、館山(ヤクルト)らとハワイで合同トレを行っている。ここに昨年まで一緒にトレーニングを行っていた山崎氏が日々のサポート役として帯同している。

ソフトバンク 明石健志

来年1月には沖縄で自主トレを行う。


http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/58993
一旦帰省。

明石が、西戸崎室内練習場での自主トレを打ち上げた。
きょう19日に北海道へ帰省予定で「向こうでもしっかり体を動かしたい」と意欲的だった。

楽天 島井寛仁 中日ドラ2又吉とやる可能性

今秋ドラフトで中日に2位指名された又吉克樹投手は、西原高の野球部で一緒だった。島井は「家も近所です。一緒に練習するかも知れません」と、自主トレのプランを話した。

DeNA 髙城俊人

今年1月は中日・谷繁に弟子入りして自主トレを行ったが、「自分でやらなきゃいけないことは分かっている。一人でやっていきます。他チームの監督と一緒にやるのも、えーっ!という感じですから」とキッパリ。独り立ちを誓った。

その他
西武 木村文紀 クリスマスの予定

クリスマスはロッテに移籍する涌井と過ごすことを明かした。

ロッテ 古谷拓哉

自主トレ中に種子島でロケット打ち上げも見たという筋金入りの宇宙好き。
※千葉市科学館で一日館長に就任した。
※科学雑誌「ニュートン」編集部から、千葉市在住の板倉龍第一部長がアポなし訪問。そもそもこの企画、古谷が「愛読書はニュートン」と発言したことで実現した。創刊号からチェックしているという古谷に「いつかごあいさつをと思っていた。

About the author:

中継ぎ投手が好物、ウエスタン観に行きたい。 NPB(日本プロ野球)と洋楽メインストリームとクリスマスが好きです。

Related Posts

カテゴリー

アーカイブ

Back to Top