横浜DeNAベイスターズ 春季キャンプの楽しみ方

横浜DeNAベイスターズ 春季キャンプの楽しみ方

横浜DeNAベイスターズ 春季キャンプの楽しみ方

横浜DeNAベイスターズの春季キャンプ見学の一日の楽しみ方をご紹介します!
まずはこちらもご参考ください!

2014年 横浜DeNAベイスターズの沖縄春季キャンプ観戦のために
那覇空港からラグナガーデンホテル(宜野湾)への行き方
宜野湾市立野球場の施設ガイド

朝から晩まで、キャンプはこうして楽しみます!

アーリーワーク見学

早朝、球場の側の海岸(宜野湾トロピカルビーチ)でアーリーワークをしている選手を見ることができます。
レッツ早起き。


朝食

選手と同じラグナガーデンホテルに宿泊するなら、ホテルのバイキング形式の朝食を楽しめます。
バイキングのメニューは和・洋たくさんあり、シェフが目の前で作ってくれるオムレツが名物です。

選手に朝のご挨拶

キャンプの練習は10時開始ですが、選手達は9:30頃から球場でアップを始めます。
早い人ですと、8:00頃から出てくる選手もいるため、お目当ての選手におはようのご挨拶をしたい場合は、8:00頃から外周の道(下図の◯のあたり)で待っているといいでしょう。
多くの選手が朝からサイン対応や写真撮影に対応してくれます。

練習スケジュールを確認

球場の正面(外野側の横浜DeNAベイスターズの横断幕が出ているあたり)と、内野席に入る階段の途中に、一日のスケジュールの紙がスタッフさんによって用意されます。(下の写真参考)
選手の背番号と練習メニュー、スケジュール、場所が記載されています。
特に見たい選手がいる場合は、このスケジュールを参考にするといいでしょう。

朝の声出し〜準備運動の見学

10:00から30分程、全体で準備運動や朝の声出しがあります。
朝の声出しや序盤の軽い運動は外野エリアで行われるので、外野席エリアにいると近くで見ることができます。

朝の準備運動の様子

全体での準備運動が終わったら、スケジュール通りそれぞれグループごとメニューに沿って練習が行われます。
スケジュールを確認して、各練習場所に移動して見学します。

お昼

選手は各々のスケジュールにもよりますが、お昼前〜13:00頃までメイン球場の中でお昼休憩をしています。
見学している我々も、お昼ごはんを食べましょう。

ランチをするなら…
ラグナガーデンホテル内のレストラン
・宜野湾海浜公園周辺の飲食店
ラウンドワンスタジアム沖縄・宜野湾店の飲食店(歩いて10分程)
宜野湾コンベンションシティの飲食店(歩いて10分程)

午後

午前に引き続き、お目当ての選手のメニューを確認して見学しましょう。
だいたい14:00以降くらいから、サブ球場では内野手や投手、捕手の特守が行われることが多いです。
目の前で、ハードな練習を見学できるチャンスですので、ぜひ声援を送りましょう。


練習が終わってから

練習が終わると、多くの選手は室内練習場から出てきてホテルに戻ります。
ベテラン選手と外国人選手は早めに練習を終えることが多く、14:00〜15:00くらいにホテルに引き上げます。
若手の選手や、自主トレをやりたい選手は、ホテルに戻るのが18:00頃になる人もいます。

夕方が近づくと、室内練習場の前のグッズ売り場の周辺にはサイン待ちのファンがたくさん待っています。
多くの選手は快くファンサービスをしてくれますが、強引にお願いしたり、失礼のあるような頼み方はなるべく避けましょう。
(選手は疲れています!)

夜も…

選手と同じラグナガーデンホテルに宿泊している場合、夜、ばったりとロビーなどホテル内で選手に遭遇することが多々あります。
ホテル内は基本的にプライベートですので、サインなどお願いしないほうがよいでしょう。(マナーです)

休日

キャンプには休日があります。
選手はゴルフなどに出かけることが多いですが、運がよければホテルのプールで遊んでいるところなどを見かけることができるでしょう。

おまけ

運が良ければ、ベイスターズわんちゃんに会えるかも!?
(現地のベイスターズファンの方のようです)

それでは、宜野湾での春季キャンプ見学、150%お楽しみください♪

楽天トラベル株式会社

About the author:

中継ぎ投手が好物、ウエスタン観に行きたい。 NPB(日本プロ野球)と洋楽メインストリームとクリスマスが好きです。

Related Posts

カテゴリー

アーカイブ

Back to Top