ヨシナシ1230

ヨシナシ1230

[`evernote` not found]
LINEで送る
Delicious にシェア
LinkedIn にシェア
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
Digg にシェア
[`livedoor` not found]

“漁師の血”が騒いだ!?ロッテ・清田、初タチお見事6本(抜粋)

「ヨッシャ、来た~」。水面にキラキラ光る魚体が現れると一気に抜き上げた。全長107センチの大物に人なつっこい笑顔が弾けた。

 「デカイ! こいつ、腹もパンパンですよ。なんて、きれいな体なんだ。マジでうれしい。俺、初めてなのに釣り上げちゃったよ」

 千葉・富津市内にある母・房子さんの実家は漁師の家系とあって、清田は中学時代に釣りにハマった。友人と防波堤で、アイナメ、カサゴを釣り上げては食べた。「野球をやっていなかったら漁師になっていた」というほど海が身近な存在だった。

 11月の鴨川キャンプの休日に、陸から糸を垂らしてアジを狙うも、おでこ(0尾)。その悔しさをタチウオ(6本)で晴らし、「あのとき悔しい思いをしたけど、リベンジできました。今度、ルアーでスズキを釣りたいです」と鼻息が荒い。

湯引きした刺し身を口に運ぶと「絶品! こんなプリプリした刺し身は初めてだ。釣り人しか味わえないぜいたくですね」と大興奮。

ヤバい!太刀魚を釣ったせいでサンスポにいいように卑猥フィルターかけられてる!
キラキラした目で純粋に大喜びの清田君が想像できて微笑ましいですね。


掛布DCを説得する!阪神球団幹部がグラティ存続へ援護射撃(抜粋)

阪神の球団幹部が「グラティ」に反対している掛布雅之育成&打撃コーディネーター(58)=DC=を説得することが29日、明らかになった。
西岡剛内野手(29)らが発案した新パフォーマンスは営業的なメリットも大きいため、年明けにも掛布DCと会談の場を持ち、球団として続行を支持する。
 西岡vs掛布の構図になってしまったグラティ論争。ここに仲介者として球団が立ち上がるのは、営業的なメリットが大きいからだ。西岡は今や藤浪と並ぶ2本柱の人気選手。前出の球団幹部によると今シーズンは、一時の金本知憲、藤川球児に匹敵するほどユニホーム、グッズが売れたという。営業面は西岡&藤浪人気でV字回復した。「近年で今年ほどグッズが売れた年はない」と証言する関係者がいるほどだ。

このオフ、阪神は掛布掛布藤浪掛布FA関連のネタばっかで、なんか掛布マジックを来季に大変期待しているみたいですが。
そら(お金になるなら)そう(続けたいのは当然)よ。


阪神・能見のショートに打たせる技術wwwwww

中居正広の8番勝負!にて打者を全てショートゴロに打ち取る

ショートが一番安心できるからねしょうがないね。(小声)

ショートへの(さまざまな)信頼は絶大。

阪神・能見のショートに打たせる技術wwwwww

↓からの

阪神能見&鳥谷「TNネットワーク」結成

 阪神能見篤史投手(34)がキャプテンの鳥谷敬内野手(32)と「TNネットワーク」の結成だ。投手陣のリーダーとしての自覚をにじませ、チーム全体のコミュニケーションを強化したい考え。野手陣を引っ張ってきた鳥谷と積極的に話し合うプランを明かした。

記者の世代がわかるタイトル。
のみたんいい笑顔の写真ですね。
阪神能見&鳥谷「TNネットワーク」結成


【画像】元西武マルティネス一家と食事をする森繁和
元西武マルティネス一家と食事をする森繁和
morisigeの手前はルイス君だよね、オフも通訳業しっかりこなしてる。

マルティネスに(おそらく)歓迎され、空軍にコネがあるカブレラに口利きしてもらえるmorisigeはMUTEKI。


「谷繁さんは横浜に必要だった」――。恒例・もつ鍋わたりの2013年大総括!(抜粋)

「そうだな。まず、今年の大きなニュースといったらあれだな」
「所沢でのCSの時にロッテの根元がついに店に来てくれたことだな」
「お父さんから聞いていた通りのしっかりした青年じゃねぇか。一発で気に入ったね。ただ、根元によるとよ、お父さんは『口が軽すぎなので家族からシカトされています』だってよ。」

出落ちレベルの素敵なネタ。

涌井はやると思うよ。元々いいもの持ってるからな。シーズン最後に大活躍したけどよ、あの時のボールなんて打てるもんじゃないって福浦さんも言ってたしな。

優良顧客福浦さんからの情報は信頼ができるジャッジ。

――そういえば、先日、もつ鍋わたりのFacebookに坂元弥太郎さんが引退したという記事が上がっていましたが。
「ああ、あれな。『ヤタローが引退を決意した』って書いたら、本人のとこに新聞社から続々問い合わせがあったらしくてよ。『オジキ、まだ発表してません。もつ鍋わたりFBが公式引退発表になってしまいました』って。
グラウンドでは一生懸命やってきたのを俺は知ってる。この先、弥太郎以上の可愛い後輩はできないんじゃねぇかと思えるぐらいの奴だと思ってるよ。もしもあいつが飲食に興味があるならば、俺にできることは協力は惜しまないよ。何より……木塚の後輩なんだからな。

やたさんへの思いやりと見せて木塚愛。

特に桧山さんの最後の打席でのホームラン。あれは半端じゃないでしょ。あの一本で、阪神のCSでの鬱積を最後桧山さんが全部かぶってくれた。あれがなけりゃ、あちこちでフーリガンが湧いてた負け方だろ。

いやほんとマジで(現地2戦見たけど)
ただあれで溜飲収まるファンもどうかなっていうか。

片岡は前に店にも来たけどよ、あいつはいい男だわ。チャラ尾(平尾)さんみたいな軽い感じかと思ったら、がっつりいい男だな。カリスマ性があるっつうかよ、チームに入ったら、自然と引っ張って行けるような自信を感じさせる。

基本的に自分の店に来る選手の評価は高い。

あとは大竹な。本来の適性は中継ぎじゃねぇかと思うけど、平均点は高いし、浦学なんだから頑張って欲しいよ。……なにより木塚の後輩だからな

大竹FAでさえ木塚愛のダシ、なにより木塚を愛してるとアピールさせてくれ。

うちに来るモバ浜萌えの奴らもよ、『久保が入ったからCS行けますよね』だ、『先発が入ったから優勝だ』って相変わらず浮かれてやがるな。

ハハッ

俺は現役で一緒だった頃のタツの酒の量を知ってるからな。遠征の時に木塚と飯食って、飲みに行くからタツも誘うかって電話したら『ああ、誘ってくれてありがとう。また部屋で一人吐くまで飲んじゃうところだった』っつってんだから。冷蔵庫の酒、おかわり君だよ。
この前ゴルフで会った時なんて、ピーチサワーだぞ。『タツ、今年はよかったな、頑張ったな』って言ったら『わたり、ありがとう! それで今年は何に俺のことを載せてくれるの!?』ってよ。カワイイ奴なんだよ。

遠征で木塚と飯食ったアピールからのピーチサワー乙女おじさん。

横浜ならショートの山崎って奴。ああいう地味だけど堅実で自分の役割が分かっている奴がレギュラーに定着すりゃな。

やっぱり顧客の評価が高いわたり氏。
(ちょうど行った日にのりはるさんがいた、ピーチサワーおじさんは言わずもがな)

中日みたいな地方の人気球団がFAで来た外様の選手を監督に、しかもプレイングマネージャーに抜擢したって決断は球団改革をしなければいけないという危機感の表れ。

そうですね、2年でジョイナス撤廃してオッチ麻薬投下しましたからね。

谷繁さんの采配含めどういう野球をやるか。それが一番楽しみだな。1年目から劇的な変化はないかもしれないけど、監督の任期の間にどういう形を作って行くのか。選手としても最初はぐいぐいレギュラーでいくだろうけど、後継者として誰を指名し、どう継承していくのか。楽しみじゃねぇか。俺にとって谷繁さんは男にも投手にもしてくれた恩人。来年は、何があっても谷繁さんを応援するよ。それを上回れる存在は……息子にシカトされてる根元のお父さんだけだな

出オチだと思ってたねもパッパが〆た、素晴らしい。
私も来年中日がどう変わっていくのかが目下のところ一番楽しみです。

あと、やっぱり店に足を運んでくれる選手の評価とそこ筋のタレコミの信頼度は割増だなって思いました。
(のりはるが急に出てきた時のお察し感)


阪神2013重大ニュース 1、2位は鳥谷(抜粋)

 阪神鳥谷敬内野手(32)が日刊スポーツのインターネットアンケート「阪神の今季重大ニュース」で1、2位を独占した。全2308票のうち360票(15・6%)を占めて1位に輝いたのは、3月のWBC台湾戦で披露した鳥谷の「神業盗塁」だった。優勝するためにFA宣言せず残留したニュースが347票(15・0%)を集め2位。高卒ルーキー藤浪らを抑えたキャプテンが「2013年の顔」に選ばれた。

 ◆1位(3月8日)侍“神業”盗塁 360票
 ◆2位(11月7日)FA宣言せず残留 347票

 アンケートは12月9日から受け付けたが、阪神ファンの脳裏には春先の感動シーンがしっかり残っていた。3月8日のWBC2次ラウンド台湾戦は9回も1点を追う展開だった。2死になり、窮地に追い詰められたが、一塁走者鳥谷が単独スチールを決め、井端の同点打を呼んだ。神業スチールとも称されたビッグプレーはファンから絶大な支持を集めた。
 「行けたら行けと、いつも準備しておけと言われている。行けるチャンスがあれば行こうと思っていた」。アウトになれば敗れるプレーだったが「それは全然考えなかった」と振り替える。スキあらば突く。どれほど土俵際まで追い込まれても、勝利への執着心を失わなかった。
 生え抜きのリーダーとしてチームを引っ張る立場だ。優勝できなかった責任感がある。だからこそ、来年も阪神でプレーする道を選んだのだろう。この決断は、重大ニュースの2位に食い込んだ。

 ◆3位(8月31日)藤浪マー君、江夏以来高卒新人10勝 341票
 3位には「藤浪の10勝」がランクインした。ルーキーイヤーの今季は開幕からローテに入り10勝6敗。能見、メッセンジャーに次ぐ活躍を見せた。ポストシーズンでも、CS広島戦初戦のマウンドを託された。勝ち投手にこそなれなかったが、19歳とは思えないたくましさが虎党の信頼を勝ち取った。監督推薦での球宴、3倍増4500万円での契約更改など藤浪のトピックスには、いずれも票が入った。
 記録ラッシュの1年だった。開幕3戦目での先発は、阪神の高卒史上最速。8月は4勝負けなしで、球団史上初となる高卒新人での月間MVPを受賞した。新人王こそ16勝を挙げたヤクルト小川に譲ったが、巨人菅野とともに新人特別賞を受賞。エース級の働きが評価された。

 ◆4位(10月21日)掛布DC就任25年ぶりタテジマ復帰 221票
 阪神で、今オフ最大の話題はミスタータイガース掛布雅之氏(58)の古巣復帰だった。CS敗退のショックが冷めない10月21日にGM付育成&打撃コーディネーターへの就任を発表。88年に現役引退後、実に25年ぶりのタテジマ復帰を果たした。

 ◆5位(9月7日)桧山現役引退表明 球団最長22年間 201票
 ◆6位(10月13日)CS敗退桧山有終の代打アーチも 132票
 ◆7位(7月31日)和田監督不倫報道で謝罪 85票
 ◆8位(5月6日)能見Gに本塁打&完投○ 81票
 ◆9位(4月9日)マー&能見抱擁お立ち台 66票
 ◆10位(8月20日)屈辱7-0→DeNAに逆転● 58票
 ◆11位(11月13日)メッセ&マートン残留合意。スタン退団 49票
 ◆12位(8月29日)能見グラブたたき付け降板。松田初黒星 45票
 ◆13位(11月22日)呉昇桓&マウロ・ゴメスダブル契約 36票
 ◆14位(8月26日)西岡&関本本塁打儀式「グラティ」命名 30票
 ◆15位(12月2日)久保FAでDeNA移籍決断 28票
 ◆16位(8月30日)鳥谷広島戦で第94代4番に 25票
 ◆17位(12月4日)呉昇桓韓国で調印式 24票
 ◆18位(6月24日)上本左足首手術 21票
 ◆19位(9月15日)榎田バレンティンに56、57号献上 20票
 ◆20位(10月1日)林威助野原将とともに戦力外。浅井も 19票

1〜4位は一般人からの印象、ってとこかなぁ。
5位以下はファンの細かい好みやらなんやらが反映されてる。

About the author:

中継ぎ投手が好物、ウエスタン観に行きたい。 NPB(日本プロ野球)と洋楽メインストリームとクリスマスが好きです。

Related Posts

カテゴリー

アーカイブ

Back to Top